<   2010年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

朝から雨がしとしと降り続いた。身体の疲れもあり、自転車で出かけるのは断念。
遅めの昼食をとった後、歩いて西宮北口まで出かけた。

自宅から西宮北口までは自転車だと15分程度の距離だが、徒歩だと40分以上もかかる。ちょうどよい運動になった。

HIROコーヒー に立ち寄り、コーヒーとケーキをいただいた。
a0141498_22132461.jpg

(↑ホワイトバランスをしくじり、構図も平凡。写真は本当に難しい・・・)

その後、ACTAで本屋さんに寄り帰宅。
今日は起床するのも出かけるのも遅かったが、こういうのんびりした日があってもいいか。

明日からまた頑張ろう。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-31 22:28 | スローライフ | Comments(10)

亀岡から嵐山へ

天気も良く体調も良い。行ったことのなかった京都・丹波地方から峠を越えて嵯峨・嵐山へ下るルートを走った。

《ルート・経由点》
自宅〜西宮豊中線〜猪名川堤防〜173号〜一庫ダム〜604号〜106号〜
477号〜372号〜亀岡〜405号〜477号〜神明峠〜50号〜保津峡〜
嵐山〜八幡木津CR〜大山崎〜西国街道〜171号〜自宅

足が少し回らないが、調子はまずまず。
173号線を猪名川沿いに登っていく。前川橋から知明湖周遊道路へ入る。
a0141498_2138212.jpg


公園入り口で休憩。一庫ダムは初めてだが、湖畔のワインディングロードを走るのは気持ちよく、「ローディのメッカ」と言われるのも分かる気がする。
a0141498_21383170.jpg


能勢町の里山を気持ちよく走っていると、程なくして京都府へ入る。ここが「摂津国」と「丹波国」の境で、かつては関所が置かれていたらしい。
a0141498_21385517.jpg


湯の花温泉。この道を右へいくと温泉宿街を通って亀岡に抜けれたらしい。
今度来たときは寄ってみよう。
a0141498_213941.jpg


この後、亀岡市街地へ到着。「道の駅ガレリア」(凄い名称だが、建物も凄かった。写真を撮り忘れる。。)で休憩。のんびり走っていたせいか、この時点で既に14時半。暗くなる前に峠を越えなくてはいけないので、亀岡市内散策は泣く泣くあきらめた。

だが、どこまでも続く里山の風景と田んぼの匂いに癒された。
a0141498_21392659.jpg


慶應禅寺という雰囲気の良さそうなお寺さん。こちらも次来たときに寄ってみよう。
a0141498_21393712.jpg


国道477号線に再び入り、神明峠を越えるアプローチ。勾配はそれほどではないがずっと登り基調なので足に来た。
a0141498_21394740.jpg


越畑に入る。畑では白菜やら大きなカブのような形をした大根(聖護院大根?)を収穫していた。
a0141498_2139575.jpg


水尾を延々と下って、ようやく保津峡に到着。ここは雰囲気が良くて好きになった。ライン下りは是非やってみたい・・・
a0141498_21404082.jpg


保津峡から六丁峠を眺める。この峠、勾配がハンパなく越えるのに非常に難儀した。
a0141498_2141443.jpg


何とか嵐山に到着。この時すでに16時半。西山に陽が落ちるのを眺めつつ、嵐山からサイクリングロードを走り、京都を後にした。
a0141498_21411889.jpg


走行距離:144km
走行時間:9時間2分

のんびりペースにしても時間がかかり過ぎな気も・・・
まあ、夕食のビールが美味しかったから良しとしよう。。。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-30 23:53 | 自転車 | Comments(8)
ロードバイク(cervelo)を購入して早や3ヶ月。
通算距離が1000kmに達した。
a0141498_23235249.jpg

「走っている人」からみれば大した数字ではないとは思うが、自分なりにひとつの区切りとして満足感はある。

ロードバイクを購入した動機の一つに、長い距離を走りたかったからというのがあった。徐々に1度に走る距離を伸ばしていって、最近は100kmを超える距離もそれほど苦しまずに乗れるようになった。1000kmはその積み重ねであり、通過点である。

これからは「距離ありき」ではなく、自分が楽しめるかどうか、という点にポイントをおいて乗っていきたいと思う。

楽しく、怪我をせずに走る --- これが一番大事で、その結果「そこそこの距離を走っていた」という乗り方が理想だ。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-29 23:47 | 自転車 | Comments(6)

いつか来る、その時が

自転車に乗る機会が増え、距離が長くなればトラブルに見舞われる確率が高くなるのは必然。とりわけ、タイヤのパンクは避けて通れないだろう。

トラブルに備えて予備のチューブやタイヤレバー、ポンプなど交換に必要な物は携帯するようにしているが、幸か不幸かまだその機会に巡り合っていない。
a0141498_22113855.jpg

単純に乗っている距離がまだ短いこともあるし、路面の状況を気にしながら乗っているというのも多少あるのだろうか。

一通りの交換手順は本や動画で習得はしているが、「知っている」と「できる」が大違いであることは他の事柄から嫌というほど学んでいる。いざ山の中で一人だけのときにパンクしたらオロオロするに違いない。

事前に予行練習をしておいた方がよいのだろう。

でも一番大事なのは、「いつか起こること」と覚悟を決めて腹をくくることか。
心配し過ぎると何もできなくなってしまうし、楽しんで乗れないだろうから。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-28 22:31 | 自転車 | Comments(6)

ヘリオスのサドル

DAHON HELIOS SL に付いているサドル、これが今ひとつ身体にフィットしない。
a0141498_2230504.jpg

何度かシートの高さを調整したりお尻を乗せる位置を探ったがダメ。
どうやっても痛い。

そのため交換を目論んでいるのだが、1つ問題があることが分かった。

このシートポストについている「やぐら」の形状が、通常の2段レールではなく、1段レールになっている点。市場に出回ってる大多数のサドルは装着できない。
a0141498_2231182.jpg

調べたところ2段レールに変換するアダプタを取り付ければ2段レールのサドルを付けられることが分かった。まずは、このアダプタを探す必要がある。余計な費用がかかるが仕方がない・・・。

次にサドル選び。
個人的には「SELLE SMP」のサドルに興味がある。

独特の形状をしているが、使用レビューをみると評判がよい。厚めのパッドの入った、このあたりでどうかと考えている。

週末にじっくり検討しよう。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-27 22:56 | 自転車 | Comments(6)

お気に入りの場所

現在の住まいに引越してきて2年と半年。
自転車で徘徊しているうちにお気に入りのスポットがいくつかできた。

そのうちの1つがここ、伊丹空港(大阪国際空港)。
豊中方面へ出るときは何だかんだ立ち寄っている。

JR北伊丹から近い猪名川堤防では離陸シーンが、そして空港の東端にあたる千里川沿いでは迫力の着陸シーンが見られる。

時間帯にもよるが、日中であれば概ね10〜15分に1度、運が良ければジャンボ機が頭上スレスレを通過する。
a0141498_222899.jpg

a0141498_22113889.jpg

そんな場所だからか、いつ来てもギャラリーがいる。一眼レフを携えたマニアと思しき方々もちらほら(傍から見たら自分もその一員だろう)。

ここに来ると空が大きく感じられ、開放的な気分になる。その為 暑かろうが寒かろうが、つい来てボーッとしてしまう。
a0141498_22114688.jpg

現大阪府知事は将来の廃港を構想しているらしいが、果たしてどうなるのだろう・・・
[PR]
by ocean810 | 2010-01-26 22:41 | スローライフ | Comments(8)

防寒対策

冬のロングライドは寒さが身体にこたえる。

近頃自転車で遠出する際には次のグッズを着用・持参している。

イヤーキャップ(左)とニットキャップ(右)。
a0141498_22323238.jpg

イヤーキャップは無印良品で購入。これを着用して上からヘルメットをかぶると両耳から後頭部の首まわりがカバーできる。前傾姿勢でもズレることもほとんどなく、風が耳たぶに当たらなくなるので後方から迫るクルマの音がより拾いやすくなる。

ニットキャップはスキー用に以前買ったもの。走行中ではなく、コンビニに入ったりお店で食事をする際につけている。冷えた頭部全体を温めると同時に、ヘルメットでぺしゃんこに潰れた頭髪を覆い隠す意味合いもある。

色々な方のブログを拝見していると各自防寒に工夫をされているようだ。
見習って取り入れていきたいし、少しずつ改良していくのがまた楽しみでもある。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-25 22:42 | 自転車 | Comments(4)

長尾山トンネルを抜けて

今日24日は動き出しが遅く、お昼過ぎに重たい腰を挙げてロードバイクに乗って出かけた。

天気も良いので宝塚北部をのんびり走ろうと考えた。ただし、いつもの生瀬からのルートではなく宝塚山手台の住宅地から「長尾山トンネル」を通って西谷地区へ抜けるルートを開拓することにした。

伊丹昆陽池を経由して天神川沿いに北上する。
a0141498_2331632.jpg

阪急山本駅からヒルクライムスタート。
事前に調べたところだと、かなり急な勾配があるという情報であったが、実際はそれほどでもなかった。

住宅街途中にあるダムにて休憩。こんなところにも不法投棄があるらしく注意書きがあった。
a0141498_23312246.jpg

長尾山トンネル前にて。トンネル内は勾配も緩くクルマのエンジン音を除けば快適に走れる。
a0141498_2331399.jpg

トンネルを抜けると気温が一気に下がり身震いする。四方は山・山・山・・・
324号線からいつもの33号線に入る。里山の風景はいつ見ても癒される。
a0141498_23353968.jpg

いつもは通過する「宝塚西谷の森公園」で休憩。この公園はかなり面白そう。暖かくなったら散策してみよう。
a0141498_23315647.jpg

この後、68号線で川西方面へ抜ける予定であったが、ふと先日走った三田〜有馬間のルートをもう一度走ってみたくなり、急遽ルート変更。

これが誤りだった。

この時すでに3時半過ぎ。順調にいけば日が沈む前に宝塚に下れると思っていたが甘かった。休日の夕方は交通量が多く、先日(平日)ほど早く進めない。加えて途中道に迷ってしまう。

82号線から船坂交差点に着く頃には日は暮れた。更に悪いことは重なるもので前照灯を家に忘れてしまっていた。かろうじてリアライトを点滅させて後方のクルマに対してはアピールするが猛スピードで51号線を下るクルマを背後にして走るのは恐怖だった。

思いつきのルート変更と、忘れ物。事故には繋がらなかったものの、危ない状況での走行は大いに反省。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-24 23:40 | 自転車 | Comments(6)

淡路島をドライブ

我が家にはクルマがないが、2ヶ月に1度は妻の運転練習のためレンタカーを借りて方方へ出かけている。昨日23日は淡路島へ。

折りたたみ自転車(2台)でレンタカーの営業所まで出向いて、トランクに自転車を積んで出かけるのが我が家のスタイル。

2号線から高速に乗って垂水JNCより淡路方面へ。ひとつの目的であった明石海峡大橋をわたる。
a0141498_22572428.jpg

高速1000円の影響か道はそこそこ混んでいた。道の駅うずしおで食事。大きな期待はしていなかったが、良い意味で裏切られた。
a0141498_225735100.jpg

大鳴戸大橋の上から海を眺める。
a0141498_22574476.jpg

運転が主目的であったので、観光はほどんどしなかったが私のリクエストで日本の「国生み」の伝説がある「おのころ島神社」へ。数キロ離れたところにクルマを停め、いよいよ自転車の出番。
a0141498_2258873.jpg

神社には日本一大きいとされる鳥居があった。お社で一時祈って後にした。
a0141498_22575240.jpg

その後、西側の海岸沿いに走り夕陽を眺めながら走る。再び明石海峡大橋を渡ってレンタカーを返却、帰宅した。
a0141498_22581872.jpg

結局、自転車は自宅との行き帰りを含めても15km程度しか乗らなかったものの、ブロンプトンの異音解消が確認できたし、いつかやってみたいと思っている「淡路島一周」に向けて地形や勾配、雰囲気を確認できたのが収穫であった。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-24 23:09 | 自転車 | Comments(2)
先日このブログでご紹介したブロンプトンの異音対策の件。メンテナンス後、初めて乗った。20km程度走ったが例の「キュッキュ」というきしむような音は消えた。段差を越えたり、シートへわざと負荷をかけても以前の音鳴りは全くしない。成功といえそうだ。

ただネジをはずしてグリスを塗っただけの簡単な作業。
つい人に頼ってしまいがちな自分は当初ショップに持ち込むことも考えたが、自分で作業して正解であった。

プロに任せるべきところは任せ、自分でできることは自分でやる。

その境界は微妙なところもあるが、ショップに持ち込んで直してもらうにしても、最低限自分の愛車に何が起こっているのか、どのようにして解消したのかは正確に把握しておくようにしておきたいと思った次第。
a0141498_0123156.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-01-23 23:59 | 自転車 | Comments(2)

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810