<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

マジックソープ

私は全然知らなかったのだが、巷で評判になっている石けんがこの「ドクターブロナー マジックソープ」。
a0141498_2253730.jpg

妻がメイク落としに使っているこの石けんを、自転車の注油作業後にオイルでギドギドになった手を洗うのに使ってみると見事に落ちること、落ちること・・・。

普通の家庭用のハンドソープでは何度洗っても落ちないしつこい汚れが1回の手洗いで簡単に落ちる。しかも合成界面活性剤や合成保存料、合成着色料などの合成添加物を一切使用していないという。

改めてネットで検索してみると、洗顔・洗髪だけでなく台所洗剤替わりや洗車に使っている方もおられるようで、「洗う」ことに関しては用途は万能なようだ。

こんな便利なものがあったとは。
もう手放せません・・・。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-28 23:05 | 関心事 | Comments(14)

ひとまず一段落

結局 この前の土日は両日とも出勤と相成った。

前述のとおり土曜日はブロンプトンで出勤したものの、日曜日は夕方から雷雨の予報があったため電車通勤を余儀なくされ、ここ最近の中では不完全燃焼な2日間を過ごした。

形はどうあれ、一応の「ヤマ」は越えたと判断して今日は早退けさせてもらった。そのまま帰るのも何だか悔しかったので、大宮の街に出ていた妻にも声をかけて映画を観てきた。

鑑賞したのは松たか子主演の「告白」という作品。
ネタバレになるので筋には触れられないが、カナリ衝撃的な内容。

エンドクレジットが流れ終わって約10秒間、私を含めた周囲の観客は背中がシートにくっついたように固まって誰も一言も発せなかった。

観終わって何とも言い表せない複雑な感情になったが、長さを感じない非常に見ごたえのある作品だった。(ちょっとした自分へのご褒美にはなりました。)

さて、平日に休める権利(振替休日)を得たので、穏やかな天気のときにあわせて取得したいところ・・・。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-27 22:52 | 雑感 | Comments(10)

ブロンプトンで出勤

今日は休日出勤だった。

連日の猛暑に加え、ここ数日帰宅が深夜に及んだ上での休出は精神的に応える。せめて遊び心を・・・ということでブロンプトンで通勤してみた。

キャリア・前後ライトを装備し、いざとなれば輪行で帰ることのできるブロンプトンが通勤に向いているだろうな・・・とは考えていたが、駐輪場での盗難の心配や、建物内に持ち込むには置き場所が無いことから「通勤用バイク」としては断念した経緯がある。

気温が朝から30℃に迫ろうかという厳しい天候であったが、木や建物の陰に入ってしまえばヒンヤリ涼しい。

走っているうちに、憂鬱な気分に支配されている頭の中が整理されて軽くなっていくような感覚を覚える。

約40分で職場に到着。折りたたんでカバーをかぶせ、ほとんど人のいない執務室内に持ち込んだ。目の届くところに置き、パソコンの電源を入れる。

-----------

帰りは雷光が瞬く不思議な夜空を眺めながらのんびり走って帰宅。

電話や人の会話といった雑音から開放され落ち着いて仕事ができたことや、上司に昼食をご馳走になったりと良いこともあったが、何より愛車とお供できたことに満足した一日だった。
a0141498_22564882.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-07-24 23:03 | 自転車 | Comments(14)

ライトで安心を買う

先日の東京大回りの途中で入手したテールライト(キャットアイの TL-LD-170)。
a0141498_21592888.jpg

薄暗くなってきた時間帯に、ケイタイで検索して見つけた自転車店(あさひ)で急遽購入。

ロードバイクの車体がほとんど真っ黒なので暗闇で全く目立たない。クルマからの視認性も悪いはずで、もし自分がドライバーの立場だったら並走するのはちょっと怖いと思う。

デイバッグの上部位置に引っ掛けて点滅させ、路肩が狭く交通量の多い道路(府中街道〜志木街道)で威力を発揮。煽られることもなく安心して走ることができた。

電池付きで1,000円とちょっとの品だが、購入して正解だった。

夜間走行を避けるに越したことはないが、いざという時に備えて忘れずにサドルバッグに入れておこう。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-21 22:16 | 自転車 | Comments(8)
東京近郊では荒川・江戸川と並んで紹介されることの多い多摩川沿いのサイクリングロード(通称:多摩サイ)。

全長約55kmのうち、日曜日に走った区間は丸子橋手前から是政橋までの20km強。その中での印象を書きたい。
a0141498_22405457.jpg

結論から申し上げれば、これまで自分が経験してきた関東・関西の「xx自転車道」と呼ばれる道の中で群を抜いてキケンで走りづらい。

道幅が狭めなことや、一部区間が未舗装で右岸・左岸を行き来するか、交通量の多い車道に回避しなければいけないということは大きな問題ではない。

一番の問題点はこの多摩サイが「自転車専用道」ではなく「自転車歩行者専用道」という位置づけで、しかも通行量が非常に多いこと。

今回通過した区間には、多数の歩行者(ウォーキングする人からベビーカーを押す家族連れまで)やランナーばかりでなく、河川敷の野球観戦者が座っていたり、バーベキューをしている人が缶ビール片手に徘徊していたり・・・。

そんな中を自転車が間を縫うように走っていく。
自転車の絶対数がただでさえ多い上、会話をしながら並走するママチャリや集団走行するロードバイクもいる。

こんな状況で自転車が前方の歩行者や自転車を追い抜こうとするとどうなるか。追い越そうとふくらむ度に、人・自転車と正面で向きあう(最悪の場合衝突する)形になる。

昨年11月に、多摩サイでケガを負った自民党の谷垣総裁は、水たまりをかわそうとした対向車と衝突したらしいが、水たまりか人かの違いこそあれ、障害物を回避して衝突・・・という構造は同じ。近年、自転車が人を轢いて死傷者が出たというが、いつ起こっても不思議ではないと思う。

もう1つは減速帯の存在。

高さ3〜5cmはあろうかという減速帯が一定間隔ごとに設置されている区間があり、これがまた危ない。減速しても振動の突き上げが大きく、はじめ知らずに突っ込んでハンドルを取られそうになりヒヤリとした。ホイールに「振れ」が出そうで自転車にも優しくない。「分かっている」人たちは路肩にはみ出して回避している。

今回都心の一般道も含めてそこそこの距離を走ったが、「ヒヤリ」とした場面が一番多かったのが多摩サイだった、というのは笑えない話。

多発する事故や周辺住民の苦情を受けて、近隣自治体が事故対策に躍起になっている様子は数々の標識からうかがえた。しかし、自転車か歩行者のどちらかを「選択」しない限り根本的な問題解決にならないと思う。
a0141498_2241435.jpg

こんな自転車に優しくない道を「サイクリングロード」と呼ぶのはどうだろう。
誰もが安全に利用できる「専用道」の整備が望まれる。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-20 23:13 | 関心事 | Comments(10)

東京ぐるっと大回り

3連休の2日目となる昨日日曜日、午前8時半にロードバイク(cervelo RS)を伴って自宅を出た。

走ったルートは、以前よりやってみたいと思っていた荒川サイクリングロードの終点近くから東京都心を横断し、多摩サイクリングロードを上流に伝い、東京をぐるっと一回りするコース。

懸念された日中の暑さも、休憩をこまめにとることで何とかなるだろうと判断。今回は走ること自体を目的にしたため、休憩を除いてどこかへ立ち寄ることはせず、写真も少なめ。

自宅から見沼の田んぼの中を縫って走って南下、岩槻街道から荒川へ。
強い逆風の中、荒川サイクリングロードを下る。自転車の数はやや多め。集団で連なって走る姿も見られた。

清砂大橋で休憩。河口も近いこともあり、川幅が広く開放感がある。
a0141498_1137312.jpg

都道10号線を西へ。東陽町〜木場〜門前仲町(もんぜんなかちょう)を通過し永代橋(えいたいばし)から隅田川を渡る。
a0141498_11372976.jpg

茅場町(かやばちょう)〜日本橋〜大手町を抜け皇居へ。大手門で一息。日曜日だったこともあり、内堀通りの一部は交通規制されてクルマが進入できないようになっている。ランナー・ローディ・外国人観光客が入り交じった光景はこの辺ならでは。
a0141498_11373235.jpg

日比谷〜霞が関〜芝公園と通過。東京タワーを過ぎたあたりで、容赦なく照りつける太陽の光に身体が悲鳴をあげた。正午を過ぎていたこともあり、三田のコンビニでお昼休憩。ボトルのドリンクと補給食も補充した。

泉岳寺〜品川〜五反田〜大崎を過ぎ、戸越(とごし)から国道1号線へ。またも身体がSOSのサインを送ってきた。頭痛とめまいを覚えたため、西馬込(にしまごめ)のマクドナルドに駆け込んだ。汗でびしょびしょになったグローブを乾かしながら、マックシェイクと店内のクーラーで身体を冷やす。100円で命拾いし、マクドナルドに感謝しつつ再び走りだした。

下丸子(しもまるこ)の先から多摩川に到達。ここからはサイクリングロードを伝って上流へ向かう。
a0141498_11373533.jpg

丸子橋を渡り川崎側へ。登戸(のぼりと)で再び東京側へ戻り是政(これまさ)橋までの区間走った。初めて走った多摩サイクリングロードでは数々の「洗礼」を浴びた(別途紹介予定)。
a0141498_11373923.jpg

是政橋から多摩サイを外れ、府中街道を北上。競馬場の西側を通り北府中〜西国分寺〜小平〜東村山へ。

時間は17時半過ぎ。東村山市(志村けんの出身地で有名です)にある私の実家に寄ろうか迷ったが、時間が微妙だったのと、いきなり連絡もなく訪れて驚かれるのでは・・・と思い今回は見送った。

周囲が薄暗くなってきたため、サドルバッグからリアライトを取り出そうとすると・・・無い。通勤用の自転車に取り付けたままことに気づく。iphone で自転車店を検索すると近くに「サイクルベースあさひ」があることが分かり、立ち寄ってリアライトを購入。これが大いに威力を発揮した。

府中街道(志木街道)を進み、清瀬(きよせ)〜新座(にいざ)〜志木(しき)と通過。秋ヶ瀬橋からさいたま市に入る。時間は20時少し前。
a0141498_11374431.jpg

結局、帰着は21時少し前になった。シャワーを浴びてダウン。泥のように眠った。
a0141498_13344252.jpg

距離は自己最高を更新。先日の下町ポタにつづき、電車と徒歩でしか知らなかった東京の街のサイズを測ることができたのが収穫。また、この時期のロングライドは色々と大変だということも学んだ一日だった。

走行距離:150.3km
走行時間:9時間3分
[PR]
by ocean810 | 2010-07-19 15:20 | 自転車 | Comments(10)

西の空に

三連休の初日は午前中に少し外に出ただけで、あとは家でほとんど寝て過ごしてしまった。

夕方、ベランダからふと外に目をやると西の空に富士山のシルエットが。
a0141498_2356735.jpg

引越してきて以来、富士山が見えたのは初めて。
梅雨があけて空気が澄んだから見えたのか、それとも心に余裕がなくて気付かなかっただけなのか・・・。

日が沈むまで「ぼーっ」と見とれてしまった。

明日以降も暑くなりそう。
熱中症対策をしつつ、どこかへ走りに行きたい。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-18 00:13 | 雑感 | Comments(6)
土曜日のサイクリングから帰宅後、サイクルメーターをチェックすると通算距離が2,000kmを越えていた。
a0141498_21534127.jpg

入手して9ヶ月、ベテランのサイクリストや月に数百キロ乗り込むような方からすれば「ヒヨッコ」の域なのだろうが、少しずつ積み上げてきた実感があり素直に嬉しい。

自分にとって初のロードバイクとなるサーベロ(RS)。

貧脚の自分でも坂道をスーっと登らせてくれるし、フラットな乗り心地で距離を走るのが楽しいバイク。上位のホイールに換装してみたいという欲求はあっても、車体本体に関しては全く不満はない。

今の環境はヒルクライムが気軽にできない(山がありません・・・)一方で、距離の長いサイクリングロードでペダルをひたすら回し続けるという状況は以前より増えそう。

3,000km、5,000km、1万km・・・と愛車と共にロングライドを今後も楽しんでいきたい。
a0141498_21534479.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-07-15 22:18 | 自転車 | Comments(8)

大宮のパン屋さん

土曜日、彩湖(さいこ)に向かう途中立ち寄ったパン屋さん「ラ・アッシェ」
a0141498_2010522.jpg

大宮公園の中、見沼代用水沿いにひっそりたたずんでいる。通勤途中に見つけて以来、気になっていたお店。

1個100円台の商品が中心で、この手のパン屋さんにしては良心的。店外のテーブルで食べることもできるようだ。

この日は隣の市営球場で高校野球の県大会が開催されていたせいか、たくさんのお客さんが出入りしていた。

ウエストバッグに入る分(3個)だけ購入しお店を後にした。

彩湖に到着し昼食。ヒレカツサンド、かぼちゃパン、タルトをいただく。
a0141498_2010887.jpg

青空の下、涼しい木陰で食べたパンはうまかった。パン自体が良いので、食バンも試してみたい。

今の住まい近辺はパン屋さんの数自体が少ない上、情報もあまりない。阪神間や北摂にあるようなおシャレなパン屋さんは望むべくもないが、探せば無名でもいい仕事をしているお店はあるはず・・・。

と、パンをかじりながら今後も「パンハンターズ」のはしくれとして活動することを誓うのであった。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-14 20:55 | スローライフ | Comments(10)

自転車の交通法規は?

先日の運転免許更新の際に受講した30分足らずの講習。
配布された「安全運転のしおり」に目を通しつつ、映像と教官の話に耳を傾けていた。

全国的に交通事故での死亡者数はここ数年減少傾向であるものの、まだまだ年間約5,000人と小さい数字ではない。
(ちなみに昨年の交通事故による死亡者数ワースト5は愛知、北海道、埼玉、大阪、東京で、埼玉は全国第三位)。

講習を通じて加害者・被害者の両方の立場で考える機会が得られた一方で、不満も感じた。

自転車の交通ルールについては、「歩道での自転車による死亡事故が発生している」ことから「歩道を通る場合のルール(車道寄りを徐行)」を徹底せよ、との説明はあったものの、そもそもの基本ルール(自転車は車両であり車道の左寄りを通行すること)について全く言及がなかった。教則本にも記載は見当たらない。

全ドライバーが必ず受講するこういった場で、5分でもよいから自転車の正しい交通ルールをきちんと周知してくれればクルマ・自転車双方にとってのマナーアップにつながるのに・・・と残念に思った次第。
a0141498_22203596.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-07-13 22:32 | 雑感 | Comments(6)

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810