<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

東北旅行最終日。

乳頭温泉の宿をチェックアウトし、最初に向かったのは田沢湖
約20kmの外周をぐるっとドライブ。
a0141498_21345426.jpg

水深が日本の湖で最も深い423.4m。

透明度も摩周湖(北海道)に次いで日本で2番目。
太陽光に照らされた翡翠色の湖面が神秘的で印象に残った。季節がよい時期に自転車で1周すれば気持ちがいいかも・・・。
a0141498_2135633.jpg

田沢湖を周回したその足で、10数km先にある角館(かくのだて)へ。
お菓子やさんの駐車場をお借りし、ここから自転車で散策。
a0141498_21404851.jpg

江戸時代以来の武家屋敷がそのまま残されている地区がある。(「隠し剣鬼の爪」「たそがれ清兵衛」といった映画のロケにも使われたという。)
全国有数の桜の名所としても知られ、春先は多くの観光客で賑わう。
a0141498_21354285.jpg

武家屋敷の1つ、石黒家を見学。
a0141498_2136181.jpg

a0141498_21362037.jpg

a0141498_2136328.jpg

a0141498_21364321.jpg

a0141498_2273078.jpg

街全体は歩いても十分見て回れる大きさだが、観光ポイントを効率的に回るのに自転車は最適。暑かったこともあり、尚更そのありがたみを感じた。
a0141498_21365151.jpg

旅もいよいよ終盤。
次回、感動(?)の最終回。

(つづく)
[PR]
by ocean810 | 2010-08-30 22:45 | スローライフ | Comments(10)
東北旅行2日目。
花巻温泉の宿を出立し花巻市内にある「宮沢賢治記念館」に立ち寄る。
a0141498_2262056.jpg

岩手県にゆかりのある作家は柳田國男、石川啄木などもいるが、宮沢賢治の同県内での存在感は別格。作家としてだけでなく、教育者として、農業指導者として地元への貢献度が大きかったからだろう。
a0141498_22223345.jpg

敷地内にある庭園を散策し、花巻を後にした。
a0141498_2263677.jpg

ちょうどお昼の時間帯に盛岡市内に到着。盛岡には食べモノの名物が色々あるが、特に一度食べてみたかったのが盛岡冷麺。盛岡駅前にある「盛楼閣」に。
a0141498_2265655.jpg

二人とも当然のごとく冷麺を注文。
a0141498_227841.jpg

麺に独特のコシがあり、歯ざわりとのどごしが最高!牛肉のエキスたっぷりのスープと一緒にあっという間にたいらげた。
a0141498_2271919.jpg

再びクルマに乗り込み西へ10数km走らせ小岩井農場に到着。
a0141498_2273584.jpg

東京ドーム約640個分の広大な敷地をもつこの農場は、1891年に日本鉄道会社副社長・小野義真、三菱社社長・岩崎彌之助、鉄道庁長官・井上勝の3氏によって創設。”小岩井”の名称は3氏の頭文字に由来する。
a0141498_2275680.jpg

牛(オブジェ)。
a0141498_2282894.jpg

例の口蹄疫の問題から動物とのふれあいは乗馬など一部に限られ、見渡す風景に動物の姿がほとんど見られなかった。訪れるタイミングがあと数日ずれていれば、と少し残念な思いも。
a0141498_2285088.jpg

とはいえ、搾り立ての牛乳と、
a0141498_2295963.jpg

ソフトクリームはキッチリ美味しくいただいた。
a0141498_22101281.jpg

この後、国道46号を西進し仙岩峠越え。秋田県に入り乳頭温泉の宿に入った。
a0141498_22103326.jpg

この日はひたすら地元の美味しいものを食べることに終始。クルマの中で2台のミニベロが出動の指示を待ちわびているようだった。

(つづく)
[PR]
by ocean810 | 2010-08-28 23:27 | スローライフ | Comments(10)
8月24日(火)から3日間、夏休みを利用して東北方面へ。

行きたいところは沢山あったが、妻から温泉のリクエストがあったこと、東北は二人とも福島・仙台より北は未訪問ということもあって盛岡市(岩手)を中心に回ることにした。

移動手段は、新幹線とクルマの組み合わせが時間的にも費用的にも一番良いことがわかった。長距離移動は新幹線、中距離はレンタカー、街中は今回も折りたたみ自転車という分担。

24日(火)の早朝、2泊分の手荷物を持ってブロンプトンとDAHON HELIOS SLで最寄り駅に向かう。


しかし、いきなりアクシデント発生。

最寄り駅に到着すると、人身事故で電車がストップしているというアナウンス。
「新幹線に間に合わない」・・・気が動転した。

事故から20分経過しても運転再開の気配がない。再開しても超満員の電車に2台の自転車を持ち込むのは難しいと判断、JR大宮駅までの約8kmの道のりを自走した。

結果的にこれが正解だった。
大宮駅に到着したとき、事故で止まった電車はまだ運転再開していなかった。予定していた新幹線には間に合わなかったものの、1時間遅れで乗ることができた(事故=会社都合なので無料で特急券を再手配してもらえた)。

新幹線に揺られること約2時間半、盛岡駅到着。
輪行袋から自転車を出して組み立て、駅から2km離れたレンタカーの営業所まで走った。
a0141498_19361219.jpg

今回の相棒、日産マーチ。ハンドルは妻が握った。
a0141498_1936158.jpg

過去借りたデミオ(マツダ)、カローラ(トヨタ)に比べるとトランクの容量が少ないせいか、ブロンプトンを収納してギリギリ。DAHON は後部座席シートに輪行袋ごと載せた。

国道4号(奥州街道)と東北自動車道で南下、最初の目的地である平泉に到着。
平泉は平安時代末期には奥州藤原氏の本拠地として栄えた町。

町のシンボル「中尊寺」。
a0141498_19354986.jpg

内部には小さなお堂が点在している。

不動堂。
a0141498_19362055.jpg

峯薬師堂。
a0141498_1936237.jpg

弁慶堂(の一部)。
a0141498_19362938.jpg

a0141498_19363249.jpg

そして中尊寺といえばここ金色堂
写真の奥にある建物が金色堂を収納している建物。目がくらむような豪奢なお堂だった(内部は撮影禁止)。
a0141498_19364179.jpg

金色堂の側にあった松尾芭蕉の像と句碑『五月雨や 降り残してや 光堂』。
奥州藤原氏のかつての栄華の名残を詠んだ句とされる。
a0141498_19402660.jpg

中尊寺の外にあった武蔵坊弁慶のお墓。
平泉は源義経と弁慶が最期を迎えた場所。
a0141498_19404184.jpg

高台からの眺め。幸いにも天候には恵まれ、気温も29〜32度と関東に比べて過ごしやすかった。
a0141498_19405429.jpg

平泉を後にして、夕方に花巻温泉の旅館にチェックイン。
三陸の海の幸に舌鼓をうち、温泉に浸かって疲れを癒した。
a0141498_1941133.jpg


いきなりアクシデントに見舞われた旅行初日。冷や汗をかいたが、尻上がりに満足感を得て一日を終えることができた。
(つづく)
[PR]
by ocean810 | 2010-08-28 00:27 | スローライフ | Comments(10)
先週の金曜日、上司のそんな一言で突然夏休みが決まった。

しばらくは連続休暇はとれないと思っていたので、青天の霹靂。

運良く、妻の試験がちょうど終わったタイミング。
急遽計画を立てて少しだけ遠出をすることにした。

ということで、しばしブログの更新を休止いたします・・・。
a0141498_0473029.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-08-24 00:47 | 関心事 | Comments(12)

与野本町のパンやさん

土曜日の大宮散策の際に立ち寄ったパンやさん、「シエルヴァンメール」さん。
a0141498_2158849.jpg

JR埼京線は与野本町駅の近く、さいたま芸術劇場のすぐ横にある。
a0141498_2158657.jpg

ナチュラルでかわいらしい店構えの一方で、店内にはケツメイシが流れ、店主夫妻もポップないでだち。そのギャップが印象的だった。

2人も入れば身動きが取れなくなってしまうような、小ぢんまりとした店内。ささっとパンを見繕って会計を済ませた。

ひよこ豆のカレーパン、よもぎアンパン、フォカッチャ、クロワッサン他 翌朝美味しくいただいた。
a0141498_2158491.jpg


ところで、入店の際ブロンプトンをお店の前に停車すべく後輪をいつもの要領でひっくり返すと、たまたま乗り付けたママチャリのお客さん(年配のご婦人)がおもむろに近づいてきて、

「あらっ!そうやって折り畳むのね!面白いわね〜」

と声をかけられた。

持ち主からすれば慣れ切ったお馴染みのスタイルも、一般的には「摩訶不思議な形状」に見えるんだな・・・とちょっと新鮮な気分になったのだった。
[PR]
by ocean810 | 2010-08-23 22:28 | スローライフ | Comments(8)

タイヤ交換

二度の不在票に悔しい思いをしつつ、注文していた KHS F20-RA 用のタイヤを昨晩ようやく受け取り、本日交換作業を行った。

タイヤ(Minits Lite)、チューブ(R'AIR)、そして昨日追加で購入したリムテープ(Poly-Lite)。相性も考えて全てパナレーサーで統一した。
a0141498_2112316.jpg

幸か不幸か(?)パンクの経験が今まで一度もないので、タイヤ・チューブの交換作業は今回が初めて。パソコンの画面で「サイクルベースあさひ」のメンテナンスマニュアルを参照しながら作業を行った。

古いタイヤとチューブを外し、リムテープをカッターナイフで切って外す。
リムをクリーナーできれいに掃除してから、いよいよ取付け開始。

リムテープを張る。これは簡単だった。
a0141498_211252.jpg

タイヤとチューブをはめていく。特にタイヤレバーの助けも必要なかった。
チューブの噛み込みが無いかをチェックし、無事前輪が完成。
a0141498_2112888.jpg

後輪も同様に作業し、全工程 1時間半ほどで完了した。

陽がだいぶ傾いた夕方5時半過ぎ、タイヤの調子をみるべく近場を30分ほど試走行。

前のタイヤと同じ空気圧(80psi)で走った印象は、踏み出しの軽さはまずまずで、路面の振動をいなしてくれる柔らかさが感じられた。本来の指定空気圧である100psiまで空気を入れると、もっとゴツゴツして転がりが軽くなると思われるが、今くらいの柔らかさがある方がいいかな・・・。

今日は街中(平地)を10km程度走っただけなので、グリップの良し悪しは未確認。また長距離走ったときにインプレッションを書きたいと思います。
a0141498_21121134.jpg


--------------

帰宅すると妻がグッタリした表情で試験から帰ってきた。
昨日のブログのコメントについて伝えるとエラく感激してました。

以下、本人(妻)のコメントです。
『応援してくださった皆様方、本当にありがとうございました!
だいぶ落ち込んで帰ってきましたが(笑)、皆様方からのあたたかいコメントを拝見して、疲れが癒されました☆今後ともどうぞよろしくお願いします!』
[PR]
by ocean810 | 2010-08-22 22:49 | 自転車 | Comments(8)

大宮を散策

朝から所用で大宮中心部へブロンプトンで自走。

用事を済ませると、氷川神社の参道側にあるバイシクルセオ(大宮店)で KHS F20-RA のタイヤ交換用にリムテープを購入。これで後は注文したタイヤの到着を待つだけ。
a0141498_20241145.jpg

その足で氷川神社へ参拝。
a0141498_20241465.jpg

ここ数ヶ月、妻がある国家試験に向けた勉強をしていて(特にここ2週間は「受験生モード」)、明日がその試験の日。結果はともあれ、十分に力を発揮できることを願って手を合わせた。
a0141498_20241773.jpg

氷川神社の裏にある大宮公園でしばし休憩。今日も日中は気温が高かったが、一時期の猛暑に比べればだいぶ暑さも和らいだ印象。木陰はそよ風が涼しい。
a0141498_20244637.jpg

大宮公園の裏手から東武野田線の線路を越えると、一風変わった場所へ迷いこんだ。その名も「盆栽町」。噂には聞いていたが、このあたりだったとは・・・。
a0141498_20243398.jpg

案内版によれば、明治末期から大正にかけて東京の団子坂(文京区千駄木のあたり)に多くの植木職人・盆栽師が住んでいたが、大正12年の関東大震災で壊滅的な被害を受けたのを契機に、きれいな空気と水を求めて大宮のこの地に集団で移住してきたという歴史があるらしい。

案内板に従って、町内を周回していくつかの盆栽園をのぞいてみた。
「清香園」さん
a0141498_20243647.jpg

入り口が京都や鎌倉のお茶屋さんのよう。残念ながら内部は撮影禁止。

もう一つ「蔓青園」(まんせいえん)さんへ。こちらも撮影禁止だったので、入り口からの様子だけ・・・。
a0141498_20243971.jpg

正直、盆栽を理解するには自分の人生経験・審美眼が不足していて、「奥が深そうな世界だな」というところ止まりだった。一方で、「盆栽」は海外での認知度・人気が高いらしく"BONSAI" を求めた欧米人観光客(家族連れや若い女性の姿も)が目立った。


”大宮”という地名から「商業都市」或いは「鉄道の街」といったイメージが一般的に連想されるが、今日訪れたところは比較的閑静な場所。

地元の新たな一面を発見し、満足して家路についた。
[PR]
by ocean810 | 2010-08-21 22:02 | 自転車 | Comments(14)

「定番コース」考

自転車乗りの皆さんは「定番コース」をお持ちでしょうか?

ふだん気分転換に走ったり、トレーニングの成果を測るために走るお決まりのコース・・・そんなお気に入りルートをここでは「定番コース」と呼ぶ。

理想的な「定番コース」の条件をぼんやりと考えてみた(3つ)。

(1)走りやすいこと
   自宅からのアクセスがよい(これが一番大事、もしくは大前提)。
   信号が少ない、路面状態がよい等々。

(2)安全であること
   クルマの交通量が少ない。
   見通しがよく、道路幅がある or 路肩が十分とられている。

(3)飽きがこないこと
   何度走っても楽しめる。
   適度な達成感、安らぎが得られる。

下のルートは尼崎時代の「定番コース」。
a0141498_21432128.jpg

家から5分の距離にあった武庫川自転車道から仁川との合流ポイントまで走り、五ヶ池ピクニックロードから甲山(かぶとやま)を眺めながらプチヒルクライムで心拍アップ。夙川(しゅくがわ)沿いに下って海風を浴びながら武庫川へ帰還。距離約30km、所要時間はのんびり走って2時間くらい。

山・川・海がコンパクトに味わえて、走るたびに新しい発見があった。

翻って、今の住まい(さいたま市北部)周辺はのどかな田園地帯。
比較的安全で走りやすいが、景色が変わらない為どうしても「飽き」がくる。

自転車道が整備された荒川、江戸川までは自宅からそれぞれ10km、20km。「ちょっとひとっ走り」するには距離がある。

でも、地図を眺めると足を踏み入れていない土地が近所にもまだまだたくさんある。

自分だけの「定番」を探す旅はこれからも続きます。
a0141498_21433181.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-08-19 22:46 | 自転車 | Comments(12)

空振り

日曜日に行った KHS F20-RAのブレーキ交換。

実は平行して同バイク用に新タイヤをネット通販(ウエパー)で注文していた。
KHS のプチ改造第2弾にして、自分へのちょっとした”ご褒美”という位置づけ。

今夜に届くはずが、家に誰もいない時間帯に宅配便が来たようで不在伝票が。。
受け取りは明日以降に持ち越し。

届く予定の品は「パナレーサー ミニッツライト」。
a0141498_21594147.jpg

走行感の軽さとグリップの良さが評判のタイヤ。

今週末には交換、試走できるだろうか。
[PR]
by ocean810 | 2010-08-18 23:13 | 自転車 | Comments(8)

旅へのいざない

仕事帰りにJR大宮駅のホームで電車待ちをしていたら珍しい電車が入ってきた。寝台特急「北斗星」(上野発 札幌行)。

思わずケイタイのカメラで激写(ブレてます・・・)。
a0141498_2222426.jpg

寝台列車は高校の修学旅行で東京から小倉(福岡)まで乗ったのが最初で最後。

「ブルートレインに乗れる!」
乗車前のワクワク感とは裏腹に、ガタンガタンという音と振動で全く寝付けず、同級生と夜明けまで会話をして過ごしたのを思い出す。

飛行機や新幹線という「早くて安い」選択肢が充実している今、わざわざ時間とお金をかけて寝台列車に乗るのはモノ好きの部類に入るのかもしれない。でも、「旅」を満喫するには今でも最高の手段だと思う。

札幌まで乗って北海道めぐりなんぞできたら楽しいだろうな・・・。
今だったら缶ビールを1〜2缶も空ければ音も振動も気にならずに寝られるだろうし。

ああ、旅がしたい。
[PR]
by ocean810 | 2010-08-17 22:37 | 雑感 | Comments(14)

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810