<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

(前編のつづき)
築地をあとにして、晴海通りを新豊洲方面へ。

晴海大橋から豊洲のビル群を望む。
a0141498_21264123.jpg

ぽかぽか陽気で適度に汗ばむため、海風が気持ちよい。

お台場は道がきれいで路肩もあり、歩道も整備されている。この日はクルマも少なく、非常に走りやすかった。ただし、商業・住居ゾーンを除けば倉庫と野原なので殺風景で面白みには欠ける。
(大阪南港、神戸ポートアイランドを想像していただくとわかりやすいか)

「ゆりかもめ」に沿って走り、東京ビッグサイト(国際展示場)を通過。
a0141498_21264418.jpg

この日は翌日(27日)に控えた「東京マラソン」の催しがあったようだ。

湾岸警察署。
a0141498_21265534.jpg

出入口の前で自転車を停めて写真を撮っていると、トレンチコートを着たガタイのよい刑事さんらしき方が横を通り過ぎた。後ろめたいことは無いが少し焦る・・・。

潮風公園。良い天気にもかかわらず人は少ない。
a0141498_2127226.jpg

アクアシティ(手前)とフジテレビ(奥)。
a0141498_2127587.jpg

レインボーブリッジ。昼間はただの白い鉄橋。
a0141498_21271115.jpg

停車してしばらくボーッとしていたくなる暖かい天気。

名残を惜しみつつ、来たルートを戻った。

帰りは銀座で sfさんが転倒しヒヤリとする場面もあったが、無事帰還。
私は赤羽駅から輪行で帰宅した。

寒い日がまだあるものの徐々に暖かい日が増え、海風が心地よい季節となった。
a0141498_21271593.jpg

陸(埼玉)に住んでいると、時折無性に海を見たくなる。
禁断症状が出たらまた訪れよう。

sfさん、今回も長時間お付き合いいただきありがとうございました。
a0141498_21271934.jpg

走行距離 :69.8km
走行時間 :6時間8分 
[PR]
by ocean810 | 2011-02-28 22:05 | 自転車 | Comments(12)
前日の強風がピタリと止み、穏やかな晴れ模様となった土曜日。

以前の職場の先輩であり、ブログでお世話になっている sf さんとの定例イベントになりつつある「東京サイクリング」。4回目の今回は築地でランチを食べて、お台場をぐるっと回ってきた。

いつも通りJR赤羽駅で待ち合わせをして、荒川サイクリングロードへ。17〜18km/hのペースでのんびり流しながら職場のことや共通の知人のことなど近況を交換するのも定番。

荒川ロックゲート付近で休憩。バイクはいつもの通りGIANT ESCAPE(sf さん) とブロンプトン(私)。
a0141498_18401397.jpg

清砂大橋から荒川CRを外れると、南砂町〜東陽町〜木場〜門前仲町と地下鉄東西線に沿って西進。
a0141498_18145474.jpg

八丁堀から途中 東銀座のパンやさんに立ち寄るも「定休日」で撃沈。気をとりなおして、今回の目的地の一つである築地市場へ。

築地市場に到着すると、溢れかえる人に目を疑った。何度か訪れているが、こんなに人が多かったのは今回が初めて。豊洲(とよす)への移転が取り沙汰されている影響もあるのだろうか。
欧米・中華圏からの観光客をはじめ、関西・東北方面から訪れたと思しき方々の会話もよく耳にした。

土曜日なので場内市場へ足を運んでみた。
a0141498_18145827.jpg

小さいお店が軒を連ねているエリアへ行ってみると、お寿司屋さんや海鮮丼を売りにしているお店はどこも行列。

その中で「つきじ丼匠(どんたく)」さんに入ってみた。辛抱強く待つこと30分弱、店内へ。
a0141498_1815295.jpg

お待ちかねの「海鮮丼」。
a0141498_1815549.jpg

sf さんは「まぐろ丼」を注文。
a0141498_1815911.jpg

「うまい!」生きていてよかったと思える瞬間。ネタの良さが素人でも分かった。見た目よりもボリュームがあったが、2時間半走って空腹だったのであっという間に平らげた。

お店を出て、しばし場外市場を散策。
a0141498_18151653.jpg

路地はどこも人で溢れていて通り過ぎるのも一苦労。上野の「アメ横」に似た活気があるが、築地の方が全体的に優しさ・親しみやすさを感じる(アメ横はプロっぽい店員さんが多くてちょっと怖い・・・)
a0141498_18152043.jpg

ラーメン、カレー、煮込み・・・美味しそうなお店を見つけ、次回は海鮮以外にも挑戦してみようとsf さんと話をした。

自転車に再び乗車し、針路は南、お台場へ。
(つづく)
[PR]
by ocean810 | 2011-02-27 19:27 | 自転車 | Comments(12)

3,000km

2回にわたってご紹介した行田への往復の途中、サイクルコンピュータの積算走行距離が3,000kmに達した。
a0141498_2239335.jpg

2,900kmを超えたのは結構前になるが、そこから乗れずに(乗らずに)しばらく足踏みしていた。

ロードバイク購入から1年3ヶ月。乗るのは週末に限られるので、ペースとしてはまあこんなもの。

今のところ幸いにも大きなケガやトラブルなくきている。
(転倒は乗り始めの立ちゴケ2回、タイヤのパンク無し。)
でも、慣れや中途半端な自信がキケンなのは何事も同じなので油断は禁物。

次の1,000km、2,000kmを迎えるまでの間、素晴らしい風景にいくつ出会えるだろうか・・・。
[PR]
by ocean810 | 2011-02-25 23:16 | 関心事 | Comments(6)
忍城(おしじょう)を離れランチに入った「かねつき堂」
a0141498_20264489.jpg

行田(ぎょうだ)のローカルフードとして知られる「フライ」と「ゼリーフライ」が食べられるお店。iphone でたまたまみつけたお店だったが、地元の人気店らしく、たくさんのお客さんで賑わっていた。

これが「フライ」。
a0141498_2026419.jpg

小麦粉を水で溶いたものに野菜を混ぜ、鉄板で伸ばして焼いたもの。
見た目はお好み焼きのようだが、味は至ってシンプル。食感はクレープのようにモチッとしている。

もう一方の「ゼリーフライ」がこちら。
a0141498_20263336.jpg

じゃがいもとおからを混ぜて素揚げして、ソースにくぐらせている。
a0141498_20263751.jpg

一般のいもコロッケが「ホクホク」とすると、こちらは「しっとり」とした味わい。

「ゼリー」というネーミングの由来は、その形状が小判(ゼニ)に似ていることからとされる。したがって、お菓子のゼリーとは無関係(甘くはない)。

フライもゼリーフライも、元は農家や女工さんのおやつとして長年親しまれてきた歴史がある。個人的にはゼリーフライがとても気に入り、この後別のお店でお土産に買って帰った。

帰りは”埼玉”という地名の源とされる「さきたま古墳群」に立ち寄った。
a0141498_20265457.jpg

古墳とサーベロ。
a0141498_2027287.jpg

その後「緑のヘルシーロード」をひたすら南下。
a0141498_20342963.jpg

フライとゼリーフライが胃の中で膨張しているのが分かった。苦しみながらもペダルを回して帰還。

交換したばかりのサドル(SPECIALIZED ROMIN)はまずまずの感触。だが、まだベストポジションではないようで若干痛みが。調整には時間がかかりそう。
a0141498_20262971.jpg

走行時間 :4時間56分
走行距離 :86.1km
[PR]
by ocean810 | 2011-02-23 21:21 | 自転車 | Comments(10)
1月中旬から更新が滞りがちだった当ブログ。

更新できなかった間にストックされたネタの中から、今年初めてロードバイク(Cervelo RS)に乗った日のことを書きたい。

忘れもしない、1月16日のこの日は冷たい強風が吹いていた。
a0141498_21262752.jpg

逆風の荒川サイクリングロードを遡ること約1時間半、今回の目的地である行田(ぎょうだ)市に到着。

埼玉県北部にあるこの町が近年注目を集めている理由の1つが忍(おし)城。

秀吉の関東平定の際、石田三成率いる豊臣軍をキリキリ舞いさせ、”難攻不落”といわれた忍城。その模様を描いた小説「のぼうの城」が近年ミリオンセラーを記録した(映画も公開されるとか)。
a0141498_21265013.jpg

御三階櫓は昭和63年に再建された比較的新しいものらしいが、なかなか立派なもの。
a0141498_21264126.jpg

a0141498_21264510.jpg

もともと城の敷地の一部だったとされる「水城公園」。
a0141498_21263127.jpg

その名のとおり敷地内には池や川が点在しており、攻めづらく守りやすい地形をうかがわせた。
a0141498_21263435.jpg

このあと、公園近辺を散策しているうちにみるみる曇ってきてハラリハラリと雪が・・・。
寒さと空腹を覚え、iphone で近場の食事処を検索したのだった。
(つづく)
[PR]
by ocean810 | 2011-02-22 22:11 | 自転車 | Comments(8)

立石バーガー

お花茶屋の「しぶや」さんを訪問したあとは、パン屋さんめぐりを敢行した。

訪れたのは堀切菖蒲園駅そばにある「立石バーガー」

↓この動画を以前見て以来 いつか訪れようと固く決めていたお店。



「しぶや」さんから走ること約10分、映像でみた店舗を発見。
a0141498_2234746.jpg

例の”自動販売機”も・・・。
a0141498_2234479.jpg

せっかくなので自販機で購入しよう・・・思ったが、向こうに人がいると思うとなぜだが気を遣う。。中にご主人の姿が見えたのでお店に入ってみた。

イートインスペースがあり、先客が一人。

メニューは「立石バーガー」(¥100)をはじめ、手作りのハンバーガー・サンドイッチがショーケースに並んでいる。

物腰の柔かいご主人に「立石バーガー」を2個注文してお店を出た。

帰宅後、電子レンジで温めて食べてみた。
a0141498_2233762.jpg

「立石バーガー」はパンもパテも昔どこかで食べた懐かしい味。
a0141498_2233561.jpg

手作り感があって、正直想像していたよりもずっと美味しい。

「ロイヤル立石バーガー」(確か¥350)はご主人の歌が付いてくる、と張り紙に書いてあった(見間違えかも・・・)。勇気を出して次回挑戦してみようか・・・。
[PR]
by ocean810 | 2011-02-21 22:22 | スローライフ | Comments(14)
日曜日にブロンプトンで都内まで輪行した際、以前から気になっていたサイクルショップを訪ねた。

葛飾区はお花茶屋にある「CYCLE HOUSE しぶやお花茶屋店」
a0141498_22224535.jpg

都内では杉並区の「和田サイクル」と並んで小径車のカスタムを得意とするお店として知られる。

店舗は下町の商店街の一角にあり、ママチャリ修理のお客さんも受け入れる、オープンな雰囲気。

お店の脇にブロンプトンを停めて入店。明るい店内にはブロンプトン、BD-1を筆頭に様々な小径車がディスプレイされている(※店員さんの許しを得て店内を撮影させていただいた)
a0141498_22224993.jpg

3名の店員さんが、ひっきりなしに訪れるお客さんの接客に追われていた。
a0141498_22225298.jpg

店内を見学させてもらうだけのつもりだったが、店の片隅にあったグリップを見て心が揺れた。以前から交換したいと思っていたパーツだったんだよな・・・手にとって妄想していると、

「そのグリップ、いいですよ。私もつけてます。」

初老の男性が声をかけてきた。連れの奥様と一緒に自転車ライフを楽しんでおられる方らしく、所有するブロンプトンのカスタマイズにかなり力を入れている様子がお話からうかがえた。「このグリップはね、エルゴノミクスデザインで・・・」と、グリップの良さについて力説。

「こ、これ、ください・・・」

10分後、あっけなく陥落した。

購入したのは「Sobdeall」という台湾ブランドのグリップ。当店が代理店をしているらしく、国内ではまだ珍しい品のようだ。
a0141498_22225915.jpg

手前の出っ張った部分が手を支えてくれるので通常のグリップよりも疲れにくいらしい。カラーはブルックスのサドルの色に合せて濃い茶色にした。

お店で交換してもらい走ったが、非常に快適。ハンドル周りは走行中に視界に入る部分なので、モチベーションもアップしそうだ。
a0141498_222255100.jpg

[PR]
by ocean810 | 2011-02-15 23:32 | 自転車 | Comments(14)

復活!

2月初めての更新。

ここ数週間、納期の短い案件に急遽組み入れられ慌ただしい日が続いた。インフルエンザこそ回避しているものの、体調も今ひとつ。休日は疲労の回復に充てているうちに、身体を動かすのが億劫になり、体力低下、更に億劫になり、ますます体力低下・・・の悪循環。

この間もサイクリングには何度か出かけ、ブログを書こうと試みるも、記事を書くときに使う脳のパーツが完全に休眠状態で、パソコンのモニタを前にして呆然とすること数回・・・。

ここにきて仕事も一段落し、「ブログを書きたい」という意欲が湧いてきた。定期的にチェックいただいていた皆さま、すっかりご無沙汰して申しわけありませんでした。


そんなこともあって、昨日日曜日はリハビリがてらブロンプトンを伴って都内まで輪行、のんびり下町散策をした。

風が強かったので荒サイはあきらめ、JR尾久(おく)駅まで輪行。
白鬚橋から隅田川を渡る。
a0141498_2128794.jpg

荒川を望む。東京地方はここ数日降雪をふくめ曇りがちであったが、この日はすっきり晴れた。
a0141498_21272247.jpg

堀切〜お花茶屋であるお店に立ち寄り(別記事で紹介予定)、再び荒川を渡って押上(おしあげ)でスカイツリーを見学。
a0141498_21272552.jpg

浅草を通過、上野から北上しスタート地点であるJR尾久駅へ帰ってきた。
a0141498_21272945.jpg

堀切・お花茶屋以降の道のりはその時々の思いつきで自由に進路変更。iPhoneでお店を検索し、edge800 の地図を頼りに寄り道をした。

いや〜楽しかった!

ハンドルを操って、勝手気ままに町を徘徊する喜び。
好きなときに立ち止まって、風景を眺め、写真におさめる喜び。
自分が何をしたいのか、何が好きなのか、原点に帰ったような気がする。

さて、次はどこへ行こうか・・・。
a0141498_21273926.jpg

走行距離 :32.2km
走行時間 :2時間47分
[PR]
by ocean810 | 2011-02-14 22:27 | 自転車 | Comments(12)

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810