(その2の続き)
大宮氷川神社で参拝を済ませ、神社に隣接する大宮公園に立ち寄った。

以前から気になっていた「小動物園」に足を踏み入れてみた。
a0141498_22115785.jpg

「小動物」ということで、こんなの(モルモット)や、
a0141498_2212665.jpg

こんなの(タンチョウヅル)は想定の範囲内だったが、
a0141498_22125456.jpg

こんなの(ハイエナ)や
a0141498_2213490.jpg

こんなの(ツキノワグマ)まで飼われていた。
a0141498_22136100.jpg

案内板によれば、昭和20年代からある古い施設らしい。
a0141498_221219.jpg

もしかしたら「小動物」園ではなく、「小」動物園なのかもしれない。
施設が無料で解放されているのが素晴らしい。

大宮公園の北側に位置する盆栽町。
巨大ターミナル駅のすぐ側とは思えない閑静な場所。
a0141498_22131251.jpg


以上で、さいたま市内を巡る小さな旅はオシマイ・・・のはずだったが、この日は一度帰宅して夕方に再び街中に出た。
a0141498_22251114.jpg


大宮ソニックシティーで「Disney On Classic」を鑑賞。
↓開演前のステージ
a0141498_22132851.jpg

クラシックといってもディズニーなので、堅苦しいところはなくエンターテイメント性たっぷり。お馴染みのナンバーを中心に、歌と演奏を楽しんだ。

チケットはブログでお世話になっている sf さんから急遽譲っていただいたもの。
この場を借りてお礼申し上げます(sf さん、ありがとうございました!)

-----

都内の通勤者のベッドタウンというイメージが強い埼玉県(さいたま市)。

東京に近すぎる故になかなか「色」が見えづらいところがあるが、半年あまり住んでみてこの街が持つ「色」が確かにあることが徐々に分かってきた。

a0141498_22132612.jpg

ここ数年は結婚・転勤で住まいの定まらない生活を送っているが、今はここ埼玉が私にとっての「地元」。良いところを見つけて、もっと好きになっていければと思う。
[PR]
by ocean810 | 2010-11-12 23:22 | 自転車 | Comments(10)
(その1の続き)
「鉄道博物館」を出た私と妻は、昼食を求めて国道17号線を南下、JR与野駅へ。

訪れたのは「SOMTHING TRE」。
浦和駅近くに本店を構える人気のイタリアン「SOMETHING」 の姉妹店。職場の同僚からオススメと以前から聞いていたが、なかなか訪れる機会がなかった。
a0141498_22501985.jpg

入店してコースのランチとパスタを注文。
運び込まれた料理を夢中で食べている途中で写真を撮り忘れたことに気づく・・・。(なので料理の写真はありません。。)

腹を満たして再出発。JRの線路沿いに北へ向かう。

新都心大橋からさいたま新都心方面を眺める。
a0141498_22502183.jpg

左手の郵便局の背後にあるのが、建設費300億円かけた「ラフレさいたま」(かんぽの宿)。一時は社会的な批判を浴びた。

旧中山道沿いに「武蔵国一宮」の石碑。
a0141498_22502738.jpg

ここから氷川神社への参道がスタート。以前にもご紹介したが、参道は約2kmにもわたる。
a0141498_22503024.jpg

参道の両側には木々が並び、走ると気持ちがいい。お洒落なお店も建ち並ぶ。
a0141498_22503360.jpg


大宮氷川神社に到着。
a0141498_22503681.jpg

東京・埼玉に点在する「氷川神社」の総本社で、初詣の参拝客は200万人を超える(全国9位)。「大宮」の地名の由来は”大いなる宮居(=氷川神社)”とされる、いわば大宮の象徴。

自転車通勤ルートの途中にあるため私は何度も訪れているが、妻は初参拝。
この日は七五三で多くの親子連れで賑わっていた。
a0141498_22582996.jpg

人混みをかき分けて本殿で手を合わせる。
帰りかけにおみくじを引いた結果、二人とも「吉」。地に足をつけて努力せよ、ということなのだろう。
a0141498_22505385.jpg

境内の木々はうっすらと紅葉が始まっていた。
a0141498_22505140.jpg


(その3へ続く)
[PR]
by ocean810 | 2010-11-12 00:01 | 自転車 | Comments(8)
先週の水曜(祝)、 地元さいたま市を自転車散歩した。

テーマは「気になりつつも、行ったことのない場所を訪れる」こと。

持ち出した相棒は、私が近頃お気に入りの KHS(F20-RA)。
今回もブロンプトンは妻に譲った。
a0141498_2245196.jpg

最初に訪れたのが大宮駅からニューシャトルで1駅のところにある「鉄道博物館」
a0141498_2245661.jpg

鉄道に特別な思い入れがある訳でもない、二人世帯の我が家にとって近くて遠い存在だった。
a0141498_22451093.jpg

入場料を払って巨大な建物の中に入ると、開館直後に訪れたにもかかわらず子供連れの家族で賑わっていた。「鉄ちゃん」と思しき人たちは意外にも(?)少ない印象。
a0141498_22453099.jpg

広場にはたくさんの鉄道が展示されている。
a0141498_22463649.jpg

東海道線の初期の「こだま」。
a0141498_22464962.jpg

うやきうと?(とうきょう です)
a0141498_2247367.jpg

半数の車両は中に入って見学することもできる。こちらは昔の旅客車両。
a0141498_22465552.jpg

木製の車両。妙に気分が落ち着く。
a0141498_2301827.jpg

寝台列車。
a0141498_22471061.jpg

ちょうど「御料車」(皇族専用の列車)の特別展示をしていた。
a0141498_22471224.jpg

外に出るとミニ運転列車が走っている。お子さん連れに大人気。
a0141498_22472294.jpg

すぐ脇に本物の鉄道が走っているのが面白い。
左が上越・東北新幹線。右が高崎線&川越線の線路。
a0141498_2249616.jpg

一通り館内を回るだけで2時間弱かかった。館内で販売されている駅弁を食べてゆっくりすることも考えたが、人混みに疲れてしまって外に出た。

じっくり回れば3〜4時間はかかるので、入場料(1,000円)の元はとれる。子供連れのお父さん・お母さんにとっては最高の施設だろう。
[PR]
by ocean810 | 2010-11-09 23:52 | 自転車 | Comments(6)

大宮を散策

朝から所用で大宮中心部へブロンプトンで自走。

用事を済ませると、氷川神社の参道側にあるバイシクルセオ(大宮店)で KHS F20-RA のタイヤ交換用にリムテープを購入。これで後は注文したタイヤの到着を待つだけ。
a0141498_20241145.jpg

その足で氷川神社へ参拝。
a0141498_20241465.jpg

ここ数ヶ月、妻がある国家試験に向けた勉強をしていて(特にここ2週間は「受験生モード」)、明日がその試験の日。結果はともあれ、十分に力を発揮できることを願って手を合わせた。
a0141498_20241773.jpg

氷川神社の裏にある大宮公園でしばし休憩。今日も日中は気温が高かったが、一時期の猛暑に比べればだいぶ暑さも和らいだ印象。木陰はそよ風が涼しい。
a0141498_20244637.jpg

大宮公園の裏手から東武野田線の線路を越えると、一風変わった場所へ迷いこんだ。その名も「盆栽町」。噂には聞いていたが、このあたりだったとは・・・。
a0141498_20243398.jpg

案内版によれば、明治末期から大正にかけて東京の団子坂(文京区千駄木のあたり)に多くの植木職人・盆栽師が住んでいたが、大正12年の関東大震災で壊滅的な被害を受けたのを契機に、きれいな空気と水を求めて大宮のこの地に集団で移住してきたという歴史があるらしい。

案内板に従って、町内を周回していくつかの盆栽園をのぞいてみた。
「清香園」さん
a0141498_20243647.jpg

入り口が京都や鎌倉のお茶屋さんのよう。残念ながら内部は撮影禁止。

もう一つ「蔓青園」(まんせいえん)さんへ。こちらも撮影禁止だったので、入り口からの様子だけ・・・。
a0141498_20243971.jpg

正直、盆栽を理解するには自分の人生経験・審美眼が不足していて、「奥が深そうな世界だな」というところ止まりだった。一方で、「盆栽」は海外での認知度・人気が高いらしく"BONSAI" を求めた欧米人観光客(家族連れや若い女性の姿も)が目立った。


”大宮”という地名から「商業都市」或いは「鉄道の街」といったイメージが一般的に連想されるが、今日訪れたところは比較的閑静な場所。

地元の新たな一面を発見し、満足して家路についた。
[PR]
by ocean810 | 2010-08-21 22:02 | 自転車 | Comments(14)

旅へのいざない

仕事帰りにJR大宮駅のホームで電車待ちをしていたら珍しい電車が入ってきた。寝台特急「北斗星」(上野発 札幌行)。

思わずケイタイのカメラで激写(ブレてます・・・)。
a0141498_2222426.jpg

寝台列車は高校の修学旅行で東京から小倉(福岡)まで乗ったのが最初で最後。

「ブルートレインに乗れる!」
乗車前のワクワク感とは裏腹に、ガタンガタンという音と振動で全く寝付けず、同級生と夜明けまで会話をして過ごしたのを思い出す。

飛行機や新幹線という「早くて安い」選択肢が充実している今、わざわざ時間とお金をかけて寝台列車に乗るのはモノ好きの部類に入るのかもしれない。でも、「旅」を満喫するには今でも最高の手段だと思う。

札幌まで乗って北海道めぐりなんぞできたら楽しいだろうな・・・。
今だったら缶ビールを1〜2缶も空ければ音も振動も気にならずに寝られるだろうし。

ああ、旅がしたい。
[PR]
by ocean810 | 2010-08-17 22:37 | 雑感 | Comments(14)

ジャンクガレッジ

先日、さいたま市内のラーメン屋「ジャンク・ガレッジ」に妻と訪れた。
a0141498_224559100.jpg

ここは一般的なラーメンから汁気をとった「まぜそば」とボリュームのあるラーメンが売り。わざわざ都内から食べに訪れる人もいる人気店らしく、いつもお店の前を通ると行列が出来ていたのが気になっていた。

私は看板メニューの「まぜそば」を注文。
a0141498_2246525.jpg

極太麺に醤油ベースのタレに、トッピングの卵・にんにく・チーズをぐちゃぐちゃに絡めて食べる。そのたたずまいは”B級”、”ジャンク”と呼ぶにふさわしい。
a0141498_2246789.jpg

味はやや濃い目だったが、あとを引く美味しさにいつの間にか完食。

一方、妻は「ラーメン」を注文。
a0141498_2246453.jpg

「ラーメンは通常のお店の大盛りくらいありますがよいですか?」と店員さんに念を押される。うなずくどころか、野菜を追加でトッピングする始末。

しかし、食べ進むうちに苦しくなったようで、途中ギブアップ。残り三分の一強を私がもらい何とか完食。二人とも満腹状態で店を出た。この日は夕食の時間になっても食欲がわかなかった。

このカロリーを消費するには相当な運動をしないと・・・。
しばらく訪れることはないだろうが、クセになる味を覚えてしまった以上、そのうち無性に食べたくなってくるのだろう。
[PR]
by ocean810 | 2010-08-09 23:29 | 関心事 | Comments(12)

ひとまず一段落

結局 この前の土日は両日とも出勤と相成った。

前述のとおり土曜日はブロンプトンで出勤したものの、日曜日は夕方から雷雨の予報があったため電車通勤を余儀なくされ、ここ最近の中では不完全燃焼な2日間を過ごした。

形はどうあれ、一応の「ヤマ」は越えたと判断して今日は早退けさせてもらった。そのまま帰るのも何だか悔しかったので、大宮の街に出ていた妻にも声をかけて映画を観てきた。

鑑賞したのは松たか子主演の「告白」という作品。
ネタバレになるので筋には触れられないが、カナリ衝撃的な内容。

エンドクレジットが流れ終わって約10秒間、私を含めた周囲の観客は背中がシートにくっついたように固まって誰も一言も発せなかった。

観終わって何とも言い表せない複雑な感情になったが、長さを感じない非常に見ごたえのある作品だった。(ちょっとした自分へのご褒美にはなりました。)

さて、平日に休める権利(振替休日)を得たので、穏やかな天気のときにあわせて取得したいところ・・・。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-27 22:52 | 雑感 | Comments(10)

西の空に

三連休の初日は午前中に少し外に出ただけで、あとは家でほとんど寝て過ごしてしまった。

夕方、ベランダからふと外に目をやると西の空に富士山のシルエットが。
a0141498_2356735.jpg

引越してきて以来、富士山が見えたのは初めて。
梅雨があけて空気が澄んだから見えたのか、それとも心に余裕がなくて気付かなかっただけなのか・・・。

日が沈むまで「ぼーっ」と見とれてしまった。

明日以降も暑くなりそう。
熱中症対策をしつつ、どこかへ走りに行きたい。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-18 00:13 | 雑感 | Comments(6)

大宮のパン屋さん

土曜日、彩湖(さいこ)に向かう途中立ち寄ったパン屋さん「ラ・アッシェ」
a0141498_2010522.jpg

大宮公園の中、見沼代用水沿いにひっそりたたずんでいる。通勤途中に見つけて以来、気になっていたお店。

1個100円台の商品が中心で、この手のパン屋さんにしては良心的。店外のテーブルで食べることもできるようだ。

この日は隣の市営球場で高校野球の県大会が開催されていたせいか、たくさんのお客さんが出入りしていた。

ウエストバッグに入る分(3個)だけ購入しお店を後にした。

彩湖に到着し昼食。ヒレカツサンド、かぼちゃパン、タルトをいただく。
a0141498_2010887.jpg

青空の下、涼しい木陰で食べたパンはうまかった。パン自体が良いので、食バンも試してみたい。

今の住まい近辺はパン屋さんの数自体が少ない上、情報もあまりない。阪神間や北摂にあるようなおシャレなパン屋さんは望むべくもないが、探せば無名でもいい仕事をしているお店はあるはず・・・。

と、パンをかじりながら今後も「パンハンターズ」のはしくれとして活動することを誓うのであった。
[PR]
by ocean810 | 2010-07-14 20:55 | スローライフ | Comments(10)

勝利の余韻と団子

「あの時間帯に点を取れたのがやっぱり良かったんじゃない?」
「オランダと比べてボールを持たせてもらえる時間が長かった」
「ベントナーは日本の選手より頭ひとつ抜けてたけど、怖くはなかったわ」
「初戦は辛口だった外国メディアの反応が気になるわねぇ」

以上、今朝職場の休憩コーナーで聞こえてきたご婦人方(40〜50代)の会話。

今朝の勝利にひとこと言いたかったのだろうが、妙に専門家ぶっている言い方がおかしかった。


さて、今週もひとまず終わった。ホッとして家に帰ると好物の和菓子が。
a0141498_21345063.jpg

以前に紹介した地元のお団子やさん「だんごの美好」。
今回は、焼きだんご、紫芋だんご、道明寺(桜餅)の3種類。

上の写真は例によって妻が団子2本失敬した後のものだが、団子6本+桜餅2個で400円ちょっとというコストパフォーマンスの良さに改めて感心する。

妻も何度か通ううちに、お店のおばちゃんと顔馴染みになった模様。

毎朝6時半頃から営業しており、おにぎりやお稲荷さん・太巻きなどを販売しているという(これがまた良心的な価格らしい)。

近々 ロングライドのお供に買って出かけよう。
[PR]
by ocean810 | 2010-06-25 22:10 | 雑感 | Comments(16)

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810