タグ:cervelo rs ( 67 ) タグの人気記事

1年半のブランクを経て再開した当ブログ。
ブランクの間にあった出来事も少しずつ書いていきたいと思います。

約1年前、愛車のロードバイク(cervelo RS)のホイールを換えました。

元々完成車に付属していた「EASTON CIRCUIT」から「FULCRUM RACING ZERO」へ。

貧脚、かつサイクリング志向の自分にレース用ホイールなど、分不相応も甚だしいのですが、
少しでも軽快に走りたい思い、手を出してしまいました・・・。

こちらがリムとスポークの様子。
a0141498_2235237.jpg

FULCRUM のロード用アルミホイールには、「RACING 3」、「RACING 1」、「RACING ZERO」
の3つにクリンチャータイヤ/チューブレスタイヤ兼用のモデル(2-WAY FIT )が用意されていますが、
あえてクリンチャー専用モデルを選択しました。

スポークは黒色。アルミ製の扁平した形状から「カタさ」がうかがえます。

ハブは「セラミックウルトラスムーズベアリング」(というものらしい)。
a0141498_2235576.jpg

タイヤは使い古しの「VITTORIA SLICK PRO」を付けました。
これで純粋なホイールの違いがわかるはず。

ホイール換装直後のインプレは「???」。
近場をゆっくりの速度で走った段階では、出足はは多少良くなった気がしますが、
換装前のホイール(EASTON CIRCUIT」との差はあまり感じません。

違いが感じられたのは加速時。
ペダルを強めに踏むと、「コーッ」という風を切る音とともに、クルクル回り出します。
これが気持ち良い。「かかりのよさ」は評判通りだと思いました。
ただし、乗り心地はカタいでしょうか。

-----------

その数ヶ月後、今度はタイヤを「CONTINENTAL GRANPRIX 4000S」に換装。
a0141498_22345870.jpg


あまり期待していなかったのですが、大きく走行感が変わりました。
35km/h超の速度がラクに出ます。
グリップが明らかによくなり、スリップが減りました。(こちらは新品なので純粋にタイヤの性能差と言い切れない部分もありますが。)

バイクの全景。フレームがブラック&グレーの地味めの色合いということもあり、同系色で馴染んでいますかね。
a0141498_22345530.jpg


ホイール&タイヤ換装後、約1,200km程度走りました。

エンジン(=乗り手)が非力なので、ホイール・タイヤいずれの性能も出し切っているとは思えませんが、
自己満足は十分得られたように思います。
[PR]
by ocean810 | 2013-01-08 23:44 | 自転車 | Comments(8)

走り初め

寒い。

ぽかぽか陽気の昨日からうって変わって最高気温が1ケタ。
加えて、風がびゅーびゅー吹いています。

外出がためらわれたが、意を決し、午後1時半にロードバイク(cervelo)を
伴って外へ。

上江橋から荒川サイクリングロードに出て左岸を北上します。
a0141498_22543354.jpg

出発から1時間ほどで目的地の「榎本牧場」に到着。

ジェラートが目的でしたが、新年の営業は4日からとのことで
残念ながらおあずけ。

代わりといっては何ですが、動物を見て回ります。
a0141498_22543783.jpg

寒さのせいか、豚は小屋の中ですし詰め状態で身体を寄せ合っています。
a0141498_2340472.jpg


少し休憩した後、折り返し。

風が冷たく、結局身体が温まらないまま、2013年の初乗りが完了。
約2時間30kmの「お散歩ライド」でした。

ロードバイクの静かなロードノイズを聞きながらの走行はやはり格別。

怪我をせず、安全で楽しい自転車生活を今年も送りたいものです。
[PR]
by ocean810 | 2013-01-03 23:58 | 自転車 | Comments(6)
今年もあと1日。

昨年の初夏に、「急性ブログ書けない病」を患って以来、
1年半ほど遠ざかっていたブログの世界。

何度かブログの再開を考えたものの、身体が動きません・・・。
「その時」が来るのを気長に待つことにしました。

今日が「その時」なのかどうかはわかりませんが、
ようやく書いてみよう、という気になりました。

これまでどおり、自転車を中心とした行動記録を残していければなあ、
と思っています。(頻度は落ちるかもしれませんが。)

まずは、「リハビリ」からですね。
a0141498_0575524.jpg


皆様、よいお年を!
[PR]
by ocean810 | 2012-12-31 01:01 | 雑感 | Comments(4)

長いトンネルを抜けて

久しぶりの更新です。

「3・11」以来のバタバタに加え、新年度の職場の体制変更で負担が大きく増え、心身とも余裕のない2ヶ月ちょっとを過ごしていました。

プライベートでも、原発やら何やらの問題もあって、大好きなサイクリングを楽しむ心境にしばらくなれませんでした。

4月も下旬をすぎると、世間のムードが平常時近くまで戻ってきた感じがありましたが、私自身もゴールデンウィークを過ごしながらゆっくりアタマとココロの整理ができました。

これからの課題は、3・11以前の生活のペースを取り戻すこと。
それには「自転車」というツールが自分には欠かせません。先日約3ヶ月ぶりにロードバイクで走ったのですが、何だか「ホッ」とした気分になりました。

そして、もう一つの欠かせないツールが「ブログ」。
走行記録のほかに、考えたこと、感じたことを記録し、拙い内容ながらも読んでくださった方と感情を共有することが、私にとって楽しみであり、習慣となっていました。
この2ヶ月半にあった出来事も、追々書いていこうと思います。

リンクさせていただいている皆様におかれては、大変ご無沙汰してしまい、また、ご心配おかけして申しわけありませんでした。

皆様のブログにも少しずつ遊びにいかせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
a0141498_22521099.jpg

[PR]
by ocean810 | 2011-05-31 23:15 | 雑感 | Comments(14)

3,000km

2回にわたってご紹介した行田への往復の途中、サイクルコンピュータの積算走行距離が3,000kmに達した。
a0141498_2239335.jpg

2,900kmを超えたのは結構前になるが、そこから乗れずに(乗らずに)しばらく足踏みしていた。

ロードバイク購入から1年3ヶ月。乗るのは週末に限られるので、ペースとしてはまあこんなもの。

今のところ幸いにも大きなケガやトラブルなくきている。
(転倒は乗り始めの立ちゴケ2回、タイヤのパンク無し。)
でも、慣れや中途半端な自信がキケンなのは何事も同じなので油断は禁物。

次の1,000km、2,000kmを迎えるまでの間、素晴らしい風景にいくつ出会えるだろうか・・・。
[PR]
by ocean810 | 2011-02-25 23:16 | 関心事 | Comments(6)
忍城(おしじょう)を離れランチに入った「かねつき堂」
a0141498_20264489.jpg

行田(ぎょうだ)のローカルフードとして知られる「フライ」と「ゼリーフライ」が食べられるお店。iphone でたまたまみつけたお店だったが、地元の人気店らしく、たくさんのお客さんで賑わっていた。

これが「フライ」。
a0141498_2026419.jpg

小麦粉を水で溶いたものに野菜を混ぜ、鉄板で伸ばして焼いたもの。
見た目はお好み焼きのようだが、味は至ってシンプル。食感はクレープのようにモチッとしている。

もう一方の「ゼリーフライ」がこちら。
a0141498_20263336.jpg

じゃがいもとおからを混ぜて素揚げして、ソースにくぐらせている。
a0141498_20263751.jpg

一般のいもコロッケが「ホクホク」とすると、こちらは「しっとり」とした味わい。

「ゼリー」というネーミングの由来は、その形状が小判(ゼニ)に似ていることからとされる。したがって、お菓子のゼリーとは無関係(甘くはない)。

フライもゼリーフライも、元は農家や女工さんのおやつとして長年親しまれてきた歴史がある。個人的にはゼリーフライがとても気に入り、この後別のお店でお土産に買って帰った。

帰りは”埼玉”という地名の源とされる「さきたま古墳群」に立ち寄った。
a0141498_20265457.jpg

古墳とサーベロ。
a0141498_2027287.jpg

その後「緑のヘルシーロード」をひたすら南下。
a0141498_20342963.jpg

フライとゼリーフライが胃の中で膨張しているのが分かった。苦しみながらもペダルを回して帰還。

交換したばかりのサドル(SPECIALIZED ROMIN)はまずまずの感触。だが、まだベストポジションではないようで若干痛みが。調整には時間がかかりそう。
a0141498_20262971.jpg

走行時間 :4時間56分
走行距離 :86.1km
[PR]
by ocean810 | 2011-02-23 21:21 | 自転車 | Comments(10)
1月中旬から更新が滞りがちだった当ブログ。

更新できなかった間にストックされたネタの中から、今年初めてロードバイク(Cervelo RS)に乗った日のことを書きたい。

忘れもしない、1月16日のこの日は冷たい強風が吹いていた。
a0141498_21262752.jpg

逆風の荒川サイクリングロードを遡ること約1時間半、今回の目的地である行田(ぎょうだ)市に到着。

埼玉県北部にあるこの町が近年注目を集めている理由の1つが忍(おし)城。

秀吉の関東平定の際、石田三成率いる豊臣軍をキリキリ舞いさせ、”難攻不落”といわれた忍城。その模様を描いた小説「のぼうの城」が近年ミリオンセラーを記録した(映画も公開されるとか)。
a0141498_21265013.jpg

御三階櫓は昭和63年に再建された比較的新しいものらしいが、なかなか立派なもの。
a0141498_21264126.jpg

a0141498_21264510.jpg

もともと城の敷地の一部だったとされる「水城公園」。
a0141498_21263127.jpg

その名のとおり敷地内には池や川が点在しており、攻めづらく守りやすい地形をうかがわせた。
a0141498_21263435.jpg

このあと、公園近辺を散策しているうちにみるみる曇ってきてハラリハラリと雪が・・・。
寒さと空腹を覚え、iphone で近場の食事処を検索したのだった。
(つづく)
[PR]
by ocean810 | 2011-02-22 22:11 | 自転車 | Comments(8)

サドルを交換

ロードバイク(cervelo RS)のサドルを交換した。

SPECIALIZED の Romin Expert というモデル。
a0141498_0195916.jpg

購入時に付属していた SANMARCO Ponza からの載せ替えとなる。

スペシャライズドのサドルは同社のロゴを前面に押し出したものが多い印象があるが、こちらは控えめ。
a0141498_0201582.jpg

真横から見ると、後ろ部分が少し反り上がっているのが分かる。
a0141498_0202939.jpg

サドルを「複数ポジションを取れるタイプ」と「1点でポジションを固定するタイプ」に分けるとすれば、これはどちらかといえば後者のタイプ。

長さ、幅、パッドの柔らかさは交換前とほとんど変りはない印象。
厚さは、新しい方が薄くなった(5mm〜7mmほど)ので、シートポストをその分上げて調整した。細かい調整は乗りながらやっていこう。

快適性と身体への優しさを狙って交換してみたが、さて効果のほどは。
[PR]
by ocean810 | 2011-01-16 00:41 | 自転車 | Comments(18)
(その2のつづき)
昼食後、しばし秩父市内を散策。

秩父神社。何度も訪れている秩父だが、ここで参拝するのは初めて。
a0141498_1937135.jpg

a0141498_19372395.jpg

毎年12月上旬には「秩父夜祭」で賑わう同神社も、この日は人もまばら。
柴又帝釈天でも感じたことだが、数日後に正月を控えた寺社のピリっとした緊張感がいい。

市内をぐるっと回り、秩父駅の建物に入っている物産コーナーでお土産用にお菓子と地酒を購入。時計を見ると14時半前。

夕食時までに帰宅するタイムリミットは15時半の電車なので、次の目的地へ急いだ。
「秩父湯元 武甲温泉」
a0141498_19372656.jpg

サイクリングでの温泉巡りはやってみたかったことの一つ。
ここは日帰りの施設で、ドライブで秩父を訪れた観光客と思しき人達が多数訪れていた。
冷えた身体に、透き通ったお湯がじわっとしみる。

温泉で身体の芯まで温まり、満足して最寄りの横瀬駅へ。

ここで自転車をパッキング。
a0141498_19373071.jpg

ロードバイクの輪行は今回が2回目。
前回はかなり手間取ったが、今回はスムーズにパッキングができた。
ただし、担ぎ用の紐をかける位置を誤ったせいか、担いだときのバランスが悪くどうもぎこちない。
次回に向けての宿題としよう。

西武線を乗り継ぎ、所沢経由で本川越駅についたのが17時過ぎ。
自転車を組み立て自走で帰還した。

貧脚ながらも、白石峠を越えてお気に入りの街・秩父へ。
ロードバイクでの輪行経験も積めたことで、年の最後にちょっとした自信を付けることができた。

来年は輪行を移動手段として活用し、ロードバイク(サーベロ)でもう少し遠くまで足を伸ばしてみたい。北関東にはまだまだ魅力的な風景がありそうなので、とても楽しみ。

走行距離 :99.6km
走行時間 :6時間00分
(輪行後、川越から自宅までの分を含む)
[PR]
by ocean810 | 2010-12-31 00:54 | 自転車 | Comments(14)
(その1のつづき)
白石峠から定峰峠を経由し、県道11号を秩父市街地に向けて下る。

路面の部分的に湿っているところは凍結している可能性があるので慎重に。
まもなく眼下に秩父の街が現れる。
a0141498_18102065.jpg

市街地に着き、まずは昼食。
秩父といえば蕎麦どころだが、前回秩父を訪れたときに蕎麦とセットで食べた「わらじかつ丼」が美味しかったので、今回はその専門店を訪れることにした。

国道140号線沿いにある「安田屋」さん。
a0141498_18102665.jpg

いかにも”地元のお店”という雰囲気の外観。
昼時には行列ができる人気店と言われるが、年末ということもあってかすんなり入れた。

座席はカウンターと小上がりにコタツが2台。漫画本でいっぱいの本棚、奥のテレビには高校駅伝が流れている。

女将さんらしき方から「何枚にしますか?」と聞かれ、かつの枚数を聞かれていると理解するのに2,3秒かかった。空腹だったので、2枚乗せ(¥900)注文。

運ばれてきたのがこちら。
a0141498_18103312.jpg

丼からはみ出さんばかりのボリューム。
a0141498_1810385.jpg

1枚を丼のふたの上に移してから食べる(ピンボケ御免)。
a0141498_18104398.jpg

カツは箸で簡単に切れる柔らかさ。しみ込んでいるタレは天丼にかかっているような甘辛系。

温かいカツとご飯が、空腹で冷えた身体にしみ込む。
今回は蕎麦でなくこちらにして正解だった。

でも、朝から自転車で走り続けたとはいえ、カツのサイズがあり味も濃い目なので1枚で十分だったかな・・・。

満腹でお店を出て、時間をチェック。
街の中心地へ向けてバイクを発進させた。
(その3につづく)
[PR]
by ocean810 | 2010-12-30 18:54 | 自転車 | Comments(8)

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810