【ブロンプトン】ダイナモ接触不良解消

午後から雨の予報があり(夕方に突如大雨が降った)、外出は早々に見送り一日家でゆっくり過ごした。

時間もあったので、だいぶ以前からやろうと思いつつ着手できていなかったブロンプトンのライトの接触不良を解消する作業を行った。

「接触不良」と書いたが、先日とうとう4本のコード全てがダイナモ本体から外れてしまった。「先延ばしせんと、はよやれや!」(上司のモノマネ)ということなのだろう。
a0141498_1972377.jpg

改造に使ったのはタカやんさんをはじめ、色々な方が紹介されているスピーカー用の平型端子。
a0141498_1973173.jpg

MサイズとSサイズの端子が封入されているが、その中のSサイズの端子と細身のスリーブ(カバー)の組み合わせをチョイス。
a0141498_1975093.jpg

工具はラジオペンチと極細のマイナスドライバー。
a0141498_1974279.jpg

マイナスドライバーはダイナモにはめる端子の先端を広げるために使用。
ラジオペンチは端子の「かしめ」(潰すこと)をするため。本来は電工ペンチという工具を使うものらしいが、今回の為だけに購入するのもためらわれたので、手持ちの道具だけで行うことにした。

慣れない作業に格闘すること30分、何とか装着完了。
a0141498_198020.jpg

試しにペダルを回してみると前後ライトが点灯!
既に成功事例のある方法をマネさせていただいたに過ぎないとはいえ、達成感があります・・・。

最後に、自分のような電工の素人の方が作業するに際して以下2点補足。

1.端子のスリーブは端子をコードにつなげる前に通しておくこと。
  (スリーブを通すためのマージンをとる目的で、コードを覆っている
   黒いカバーはハサミで短く切って調整した。)
2.端子の先端を広げる際は、様子を見ながら少しずつ広げること。
  (広げ過ぎてしまうと緩くなってしまう。)
[PR]
by ocean810 | 2010-07-04 20:58 | 自転車

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810