タグ:KHS F20-RA ( 15 ) タグの人気記事

2010年 大晦日

3年ぶりに関東で大みそかをゆっくり過ごしています。
午前中に家事を済ませると、午後に妻と自転車で散歩することにしました。

通勤ルート上にあり、願をかけによく訪れた大宮氷川神社。年を越す前に御礼参りをしました。
a0141498_2285930.jpg

大宮公園でひと一休み。
のんびり散策にはミニベロがぴったりです。
a0141498_229317.jpg

大宮駅前の高島屋で、正月に実家へ持参する手土産を調達してから軽く昼食。

方向を変えて上尾方面へ。

荒川サイクリングロードを走った際に何度も訪れた榎本牧場。
a0141498_2291220.jpg

寒さのせいか、牧場のペット豚も暖をとっていました。
a0141498_2291939.jpg

私達もジェラートを浮かべたホットココアで温まります。
a0141498_2292260.jpg

ココアを飲みながら、1年間を振り返りました。

-----------------

今年は環境が大きく変わった1年でした。

精神的・肉体的な過労で職場を一時離脱したのが昨年11月。
年明けに職場復帰、3月に異動命令&引越し(兵庫→埼玉)と職場・住まいともに変わりました。

突然できた時間を埋めようとしたのがキッカケで始めたこのブログも、気づけば1年を過ぎていました。

ブログを通じて知り合った方々とご一緒する機会も得られ、今となっては忘れ難い思い出になっています。

転勤が決まったときの心境は非常に複雑でしたが、ブログでの交流を続けてさせていただいているお陰か、幸いにも寂しさは感じていません。

電車やクルマの移動で「知った気」になっていた東京の街も、サドルの上から眺めると新鮮で新たな発見に満ちています。生まれ育った東京を、一度離れたことで距離をおいて見られるようになったことも大きいのでしょう。

今は、過去に住んでいた町、通った学校・職場など思い出の土地に改めて自転車で足をのばすことに喜びを感じています。

ブログは今後も自分が心地良いと感じるペース(毎日かもしれませんし、2週間空くかもしれません)で続けて参ります。引き続き覗いていただければうれしいです。

最後に、

貴重な時間を割いてコメントくださる方々をはじめ、定期的にチェックしてくださっている方々、今日たまたま目に留めてくださった方々も含め、皆さん揃って良いお年を迎えられますことをお祈りいたします。
a0141498_2292690.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-12-31 23:19 | 雑感
(その1の続き)
「鉄道博物館」を出た私と妻は、昼食を求めて国道17号線を南下、JR与野駅へ。

訪れたのは「SOMTHING TRE」。
浦和駅近くに本店を構える人気のイタリアン「SOMETHING」 の姉妹店。職場の同僚からオススメと以前から聞いていたが、なかなか訪れる機会がなかった。
a0141498_22501985.jpg

入店してコースのランチとパスタを注文。
運び込まれた料理を夢中で食べている途中で写真を撮り忘れたことに気づく・・・。(なので料理の写真はありません。。)

腹を満たして再出発。JRの線路沿いに北へ向かう。

新都心大橋からさいたま新都心方面を眺める。
a0141498_22502183.jpg

左手の郵便局の背後にあるのが、建設費300億円かけた「ラフレさいたま」(かんぽの宿)。一時は社会的な批判を浴びた。

旧中山道沿いに「武蔵国一宮」の石碑。
a0141498_22502738.jpg

ここから氷川神社への参道がスタート。以前にもご紹介したが、参道は約2kmにもわたる。
a0141498_22503024.jpg

参道の両側には木々が並び、走ると気持ちがいい。お洒落なお店も建ち並ぶ。
a0141498_22503360.jpg


大宮氷川神社に到着。
a0141498_22503681.jpg

東京・埼玉に点在する「氷川神社」の総本社で、初詣の参拝客は200万人を超える(全国9位)。「大宮」の地名の由来は”大いなる宮居(=氷川神社)”とされる、いわば大宮の象徴。

自転車通勤ルートの途中にあるため私は何度も訪れているが、妻は初参拝。
この日は七五三で多くの親子連れで賑わっていた。
a0141498_22582996.jpg

人混みをかき分けて本殿で手を合わせる。
帰りかけにおみくじを引いた結果、二人とも「吉」。地に足をつけて努力せよ、ということなのだろう。
a0141498_22505385.jpg

境内の木々はうっすらと紅葉が始まっていた。
a0141498_22505140.jpg


(その3へ続く)
[PR]
by ocean810 | 2010-11-12 00:01 | 自転車

岩槻へランチポタ

完全休養日の日曜日は、目が覚めると午前10時を過ぎていた。

前日に続き外は晴れ渡っているが、体調が今ひとつだったこともありロードバイクでの単独行は見送り。ランチを求めて同じさいたま市内のとなり町、岩槻(いわつき)へ妻と自転車で出かけた。

バイクは KHS-F20-RA(私)と、
a0141498_2123217.jpg

ブロンプトン(妻)。
a0141498_21235447.jpg

岩槻は数ヶ月前に1度通過したことがあり、このとき見た旧い街並みが印象に残っていた。
埼玉県内では、所沢や鴻巣(こうのす)と並ぶ「人形の町」でもある。
a0141498_2123421.jpg

自宅から走ること30分強、目的のお店「cafe+bakery kuu」に到着。
a0141498_21232147.jpg

1Fはパンの販売、 1Fの一部と2Fがカフェスペースになっている。
a0141498_21232841.jpg

建物は築100年の蔵を改装したものらしい。
a0141498_21233017.jpg

妻は地元産小松菜のパスタ、
a0141498_21233819.jpg

私はビストロプレートを注文。パン食べ放題なのが嬉しい。
a0141498_21233728.jpg

昼食後は岩槻城址公園を散歩。
a0141498_2124185.jpg

園内を散策していると、望遠レンズ付きのカメラを携えた人たちが1箇所に視線を向けている。
a0141498_212457.jpg

視線の先にはカワセミ。
a0141498_212478.jpg

帰宅後調べたところこの公園の有名人(鳥)らしい。アオバズクも生息しているという。

その後小雨が降ってきたので、退散。

同じさいたま市内でも、県庁のある浦和や商業の町・大宮とは趣きを異にし、「歴史」を感じる城下町・岩槻。町の所々に看板を掲げていた「とうふラーメン」なる食べ物も気になったので、近々また散策することになりそう。
a0141498_23353085.jpg

走行距離 29.5km
走行時間 2時間12分
[PR]
by ocean810 | 2010-09-27 00:02 | 自転車

タイヤ交換

二度の不在票に悔しい思いをしつつ、注文していた KHS F20-RA 用のタイヤを昨晩ようやく受け取り、本日交換作業を行った。

タイヤ(Minits Lite)、チューブ(R'AIR)、そして昨日追加で購入したリムテープ(Poly-Lite)。相性も考えて全てパナレーサーで統一した。
a0141498_2112316.jpg

幸か不幸か(?)パンクの経験が今まで一度もないので、タイヤ・チューブの交換作業は今回が初めて。パソコンの画面で「サイクルベースあさひ」のメンテナンスマニュアルを参照しながら作業を行った。

古いタイヤとチューブを外し、リムテープをカッターナイフで切って外す。
リムをクリーナーできれいに掃除してから、いよいよ取付け開始。

リムテープを張る。これは簡単だった。
a0141498_211252.jpg

タイヤとチューブをはめていく。特にタイヤレバーの助けも必要なかった。
チューブの噛み込みが無いかをチェックし、無事前輪が完成。
a0141498_2112888.jpg

後輪も同様に作業し、全工程 1時間半ほどで完了した。

陽がだいぶ傾いた夕方5時半過ぎ、タイヤの調子をみるべく近場を30分ほど試走行。

前のタイヤと同じ空気圧(80psi)で走った印象は、踏み出しの軽さはまずまずで、路面の振動をいなしてくれる柔らかさが感じられた。本来の指定空気圧である100psiまで空気を入れると、もっとゴツゴツして転がりが軽くなると思われるが、今くらいの柔らかさがある方がいいかな・・・。

今日は街中(平地)を10km程度走っただけなので、グリップの良し悪しは未確認。また長距離走ったときにインプレッションを書きたいと思います。
a0141498_21121134.jpg


--------------

帰宅すると妻がグッタリした表情で試験から帰ってきた。
昨日のブログのコメントについて伝えるとエラく感激してました。

以下、本人(妻)のコメントです。
『応援してくださった皆様方、本当にありがとうございました!
だいぶ落ち込んで帰ってきましたが(笑)、皆様方からのあたたかいコメントを拝見して、疲れが癒されました☆今後ともどうぞよろしくお願いします!』
[PR]
by ocean810 | 2010-08-22 22:49 | 自転車
4月の引越し以来、置き場所の問題でクローゼットの中に輪行袋に入った状態で眠ることの多かった、愛車の1台 KHS F20-RA。
a0141498_20562011.jpg

先週の榎本牧場往復で、改めてその「走り」の楽しさを再確認。
もう少し乗る機会を増やしたい、との思いを強くした。

ただ1つ問題が。

それは、所有する年式(2009年)のモデルに付いている POWER TOOLS のブレーキの利きが非常に甘いこと。

制動のための距離は十二分にとっておかないとダメ。
見通しの悪い交差点でスピードを出したり、坂を下るのは自殺行為に等しい。

結果、安心してペダルを踏むことができず、バイク本来の力を出せないでいた。
騙し騙し乗ってきたが、今後のことを考えて手を打つことにした。

ネットで検索をかけてみると、同じ F20-R シリーズオーナーの方はブレーキ本体をシマノのものに交換している例が多い模様。

ブレーキ本体はロングアーチタイプという、やや特殊(?)なものしか合わないらしく、製品の選択肢が限られることが分かった。

交換作業自体はそれほど難しくなさそうなので、パーツを通販で購入し自分で取り付けることも考えたが、何せ「命を預ける部品」。考えるうちに「調整を含めてプロにお願いしたほうがいいかも・・・」という方向に傾き、自転車専門店に相談することにした。

そこで、以前から訪れてみたいと思っていたお店に持ち込むことにした。
(つづく)
[PR]
by ocean810 | 2010-08-16 21:13 | 自転車

榎本牧場を再訪

一週間近く更新が滞ってしまった。

ここのところ「公私」の「公」の部分が「私」の部分を侵食するようになり、ストレスも溜り気味。今日はお昼過ぎまで時間をとられたが、一区切りついた夕方に気分転換に出かけた。

「そういや、久しく乗っていないな・・・」と、KHS(F20-RA)を部屋の奥から引っ張り出した。午後4時半過ぎ、とりあえず見沼代用水を上流へむかって走り出す。

見沼田んぼの稲は成長しきって、あとは黄金色に変わっていくのを待つばかり。
a0141498_2255273.jpg

久しぶりに乗ったこの自転車(KHS)、非常に小気味良く走る。
ペダルの感触を確かめながら、徐々にスピードを上げていく。

無心になって走っている途中、ポジションを変えようと「下ハンドル」を握りにいったところ、つかみ損なって体勢を崩し落車しそうになる。

そう、ブルホーンハンドルのこの自転車に「下ハン」など無い。
ここのところロードバイクばかりに乗っていたので、ドロップハンドルのイメージが頭にできていたのだろう。危ないところだった・・・。

しばらく走って、県道87号にぶつかったところで針路を南西に変更。荒川方面へ。2ヶ月前に訪れた「榎本牧場」を再訪した。
a0141498_226246.jpg

モカのジェラートアイスを注文。一汗かいた後のアイスは胃にしみ渡る。
a0141498_2255420.jpg

18時ちょっと前だったこともあり、ほとんどお客の姿はなかった。「今日も自転車に乗った方が午前中から昼過ぎにかけてたくさん来られましたよ」とは店員さんのお話。

動物たちも閉店間際のユルい雰囲気を醸し出していた。
a0141498_226066.jpg

a0141498_2255640.jpg

このロバの赤ちゃんは6月に訪れたときよりも身体が一回り大きくなっていた。
a0141498_2255896.jpg

牧場を出る頃には薄暗くなってきたこともあり、夕陽を背にしてやや急ぎ目にペダルを回して帰宅。

午後から曇っていたこともあってか、夕方は気温も下がり走りやすかった。秋の気配を肌に感じる。

ほんの2時間あまりの「自転車散歩」だったが、やはり週末に少しでも乗れると気分的にだいぶ違う。

さあ、明日からまた頑張ろう!
a0141498_226444.jpg

走行距離:40.8km
走行時間:2時間19分
[PR]
by ocean810 | 2010-08-08 23:15 | 自転車

荒川CRを走る

自転車通勤用のルート研究と、散歩を兼ねて妻と小径車で走ってきた。
お供したバイクは KHS-F20-RA(自分)とブロンプトン(妻)。

数日前と同様に氷川神社の参道から大宮駅へ抜ける。ここまで約25分。
さいたま新都心を抜け、浦和区にあるオフィスに到着。トータルで40分。
かなりゆったり走ったので、信号待ちを入れたとしても50分を見ておけば確実に着きそう。

通勤ルートに一応の目処がついたところで次の目的地を「荒川」に決めた。
北浦和駅を西進すること25分、荒川サイクリングロードに合流。

ゴルフ場、サッカー場、田んぼの合間を縫うようにして走る。
a0141498_239385.jpg

a0141498_2394433.jpg

a0141498_2395052.jpg

一瞬 湖かと思ったら、水田だった。あまりにものどかな光景。。
a0141498_2310228.jpg

JR川越線の手前で針路を東に変えて1時間ほど走り帰宅。

他の自転車とすれ違ったのは5分に1台程度で、意外に少なかった。車種は圧倒的にロードバイク、それも乗り込んだ感じで結構なスピードで走っていた方が多かったのが印象的だった。


走行距離:42.9km
走行時間:3時間9分
[PR]
by ocean810 | 2010-04-24 23:44 | 自転車

KHS F20-RA

愛車紹介の3回目は KHS F20-RA について。
a0141498_2242256.jpg

【購入の経緯】
とにかく「走る」折りたたみ小径車が欲しかった。ロードバイクのパーツを一部使用しているのも気に入り、2008年末にサンワさんで購入。

主に自走で50km程度走るときに使用。小回りがきき、スピードが出るのでちょっと遠出をしたり、隣町まで買い物や食事にでかけたりするのに重宝している。輪行は1回だけ。


【スペック】(2009年モデル)
 フレーム    :アルミ7005 + クロモリ(レイノルズ)
 フォーク    :カーボン
 ハンドル    :Powertools ショートブルホーン
 ステム     :Powertools アヘッドアルミ 60L
 STI     :Shimano 105
 ディレイラー  :Shimano 105(フロント、リア共)
 カセット    :Shimano 105(11-23T)
 チェーンホイール:FSA CK602E 55/44T 
 ブレーキ    :Powertools ポリッシュ
          Shimano BR-R650(2010.8.15交換)
 ホイール    :Powertools SP17 20x1.5
 タイヤ     :Powertools 20x1.35
          Panaracer Minits Lite 20x1.25(2010.8.22交換)
 サドル     :Selle San Marco Ponza
 ペダル     :VP-320 シルバー
 車重      :10.5kg(ペダル込)


【インプレッション】
・走行感はレーシーで30km巡航も難しくない。「ミニロード」といった趣き。
・車体のメインがアルミのためか、地面からの振動はそれなりに拾う。路面の悪い道路を走ったあとは手にしびれが残ることがあったので、以降タイヤの空気圧はやや落として乗っている。
・折りたたみはイマイチ。うまくまとまらず、オプションの補助スタンドを取り付けてようやく自立する。
・ブレーキの効きが甘い。他のユーザーのサイトを拝見すると、ブレーキシュー、もしくはブレーキ本体をシマノのものに変えている方もいらっしゃるようだ。

↓折りたたんだ状態。ハンドルポストは引っこ抜いてベルクロで固定する。
a0141498_2243714.jpg

↓補助スタンド。これがないとチェーンホイールが地面に接してしまう。
a0141498_2244556.jpg


「とくかく速く軽快に走りたい」、という人向けの自転車だと思う。折りたたみについて注文をつけたが、たためばロードバイクよりはるかにコンパクトになるし、輪行する上で特に問題があるわけではない。ただ、毎日の通勤や頻繁に乗り降りするようなシチュエーションには向いていないと思われる。(面倒くさいので)

KHS のホームページを見ると、2010年モデルは STI からバーエンドコントロールへ、ブレーキもシマノに変わっているようだ。価格はエラく値上がりしている。

ドロップハンドルに変えるとまた印象が変わるかもしれない。今のところブルホーンに満足しているのでしばらくはこのまま乗っていくつもりである。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-14 22:55 | 愛車紹介

洗車

数日前に雨の中で走った KHS F20-RA の洗車を行った。

走った直後は水分を拭って置いておいたが、砂が車体の溝という溝に入り込んでこれ以上 ウェスのみで汚れを落とすのは難しいと判断。風呂場に運んで昨晩シャワーで泥を洗い流しておいた。

1昼夜車体を乾燥させ、今日続きを行った。

落ちきっていない汚れをディグリーザーとウェスで落とす。リム、スポークなどホイール回りも拭いていく。最後に注油して終了。見違えるように綺麗になった。
a0141498_0141822.jpg

洗浄前はこのような状態であった。
a0141498_0213255.jpg

しかし、1晩置いておいただけで、チェーン、スプロケット、一部のネジ表面にサビが浮いてきていた。洗車直後に注油すべきであったと反省。
a0141498_0171719.jpg

[PR]
by ocean810 | 2010-01-10 23:59 | 自転車

酒蔵見学

西宮は鞍掛町にある「白鹿記念酒造博物館」まで走ってきた。今日も KHS F20-RA で出動。

臨海線で神戸・芦屋方面へ走るときいつも側を通過して気になっていた。神戸から西宮の沿岸地域にかけての「灘五郷」については以前見聞きしたことがあったが、白鹿はそのうちの一つ「西宮郷」に属するメジャーレーベルである。
a0141498_23462620.jpg

中では酒造りの模様を道具と映像を交えながら知ることができる。他にお客さんもおらず、じっくり見させてもらった。

特に印象的だったのが、もろみを圧搾して酒と酒粕に分けるときに使う機械(シーソーのおばけみたいな機械で、テコの原理を使って人力でしぼる)の迫力。そして1995年の阪神大震災時の倒壊した建物、壊れた道具の展示。地震の凄まじさを目の当たりにした。

おみやげに吟醸酒をいただく。入場料(¥400)の元は充分取れている。和食と一緒にいただくことにしよう。
a0141498_23463466.jpg

近くのカフェで休憩して外に出ると雨が降っていた。空からの雨に加えて、後輪の水しぶきが背中にかかり、ジャケットまでぐしゃぐしゃに。。お酒の代償は大きかった。
[PR]
by ocean810 | 2010-01-07 23:59 | 自転車

旧「武庫川のほとりにて」。2年半過ごした関西で自転車の楽しさに目覚め、小径車・ロードであちこち散策。2010年4月東京に転勤。自転車を中心とした日常を綴ります。


by ocean810